michi の ひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 日清食品「カップヌードル シンガポールチリクラブ」試食

<<   作成日時 : 2017/04/18 12:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

4月3日発売の日清食品「カップヌードル シンガポールチリクラブ」です。

画像

商品及び原材料は以下の通りで

画像

「カップヌードル エスニックシリーズ」の新たなラインアップとして、シンガポールの人気名物料理「チリクラブ」をカップヌードル流にアレンジした「カップヌードル シンガポールチリクラブ」を発売します。カニのうまみとチリソースの辛み、トマトの酸味をたまごのまろやかな風味が包み込む本格的な味わいのスープは、「チリクラブペースト」を仕上げに加えることでカニの芳醇な風味をお楽しみいただけます。

画像

油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、たん白加水分解物、醤油)、スープ(糖類、豚脂、香辛料、かにエキス、でん粉、卵粉、植物油脂、小麦粉、食塩、醤油、オイスターソース、香味油、魚醤、トマトパウダー、トマトペースト、醸造酢、えび)、かやく(卵、魚肉練り製品、赤唐辛子、ねぎ、香菜)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、増粘多糖類、カラメル色素、炭酸Ca、かんすい、カロチノイド色素、乳化剤、ベニコウジ色素、酸化防止剤(ビタミンE)、香料、甘味料(スクラロース)、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に乳成分、鶏肉、ごまを含む)

パッケージには "シンガポール日清開発協力の文字と国旗" があり

画像

"トムヤムクン・シンガポール風ラクサ・インドネシア風甘辛焼そばミーゴレン" など

画像
(カップヌードル エスニックシリーズ)

"日清食品グループの現地法人の協力のもと開発されたエスニックシリーズ" であることが分かり、蓋には "チリクラブペースト" が乗せられ

画像

カップ内には "麺と粉末状のスープ" "かやくであるカニカマ・かき玉・ネギ・パクチー" が入っていて

画像

"調理時間は3分" 仕上げに (少し鼻にツンとくる感じの) "チリクラブペーストを投入し完成" となり

画像

"鮮やな赤色のスープから漂うカニの風味" とともにいただいてみると

画像

スープは "トロミがさほどなくややサラッとした" 感じながら "カニの風味とトマトの酸味・甘味がエスニックらしさを感じさせ" 温度が下がることが影響しているのか "ゆっくりとカニの風味が増していき" 辛さについても "ジワジワと効き始める" ようで

麺は "濃いめのスープと対等に渡り合える" よう "エナジー味噌ジンジャー" でも使われた "幅と厚みのあるタイプを選択する手もあったかな" という気はするものの

画像
(カップヌードルエナジー味噌ジンジャービッグ)

"いつものヌードル麺" であることが(いただく中で頼りない食感を回避する為調理時間を短くするべきだったようですが) "素早くスープを吸収する利点を生んでいる" ようでもあり

画像

かやくについては "シーフード系で使われている安定感のあるカニカマ" "風味づけ程度ながら味わいを飽きさせない爽やかなパクチー" "色合いはいいけどさほど味わいとして存在感のないネギ" という中で、かき玉は "色合いだけでなく" いつもの味付卵と異なり "トロッとした滑らかさが辛さをマイルドにしている" という味わいで

画像

恐らく "以下現地で販売されている商品を日本流にアレンジしたもの" だろうと思われますが

画像
(シンガポール版 カップヌードル チリクラブ)

"チリ・トマト・溶き卵がブレンドされたたとろみのあるソースの中にスリランカクラブ (スリランカ産高級カニ) を生きたまま入れボイルしたチリクラブをイメージさせる" この仕上がり感は、料理としていただいたことないけれど (^_^;) "悪くないよね" という印象です。

画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

おしらせ

日清食品「カップヌードル シンガポールチリクラブ」試食 michi の ひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる