michi の ひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 森永製菓「ポテロング えびバター醤油味」試食

<<   作成日時 : 2017/04/19 12:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

4月4日発売の森永製菓「ポテロング えびバター醤油味」です。

画像

商品については

カップに入って食べやすい "サク食感" が後を引くスティックタイプのノンフライポテトスナックです。えびと醤油の香ばしさ中に、バター風味が広るえびバター醤油味です。

とあり "過去に登場した「ポテロング」の中でバター醤油系の味わいが20〜30代男性に支持が高かった" ことから "バター醤油にシーフードで人気のえびを組み合わせました" ということらしく、原材料は以下の通りで

画像

乾燥じゃがいも、植物油脂、小麦粉、米粉、とうもろこし、シーズニングパウダー(食塩、デキストリン、砂糖、えびパウダー、粉末しょうゆ、粉末たまねぎ、バター加工品)、コーンフレーク、しょうゆ(大豆を含む)、えび風味パウダー/調味料(アミノ酸等)、乳化剤、香料(ごま由来)、膨脹剤、塩化Mg、加工デンプン、カラメル色素、パプリカ色素

ポテロングは「ポテロングしお味」のように (生地にオニオンを練り込んだ「オニポテロング」が2015年に登場してはいますが)基本的に "乾燥じゃがいも・小麦粉・米粉・とうもろこしなどに水を加え混ぜ合わせ、長く伸ばした生地をローラーでカットした後、巨大乾燥機で水分を飛ばし、回転するドラム内で塩などをふりかけ味付けした" もので

画像
(オニポテロングとポテロングしお味)

今回の「えびバター醤油味」については "えびとバターの風味も持つシーズニングパウダー" の他 "えびらしさを補う為えび風味パウダーを使っている" など違いはあっても (生地にフレーバーを練り込んだアナウンスはなく) "味付け工程以外は変わっていない" ように思われ

いただいてみると、蓋を開けた際に "バターと醤油の風味" に寄り添うかのように "芳ばしいえびの香りがほんのりと漂い"

画像

"小麦粉・米粉・とうもろこしの助けを借りたサクザクとした食感" は "いつもと変わらず"

味わいとしてえびの風味に "さほど強さはない" ものの "えびパウダーとえび風味パウダーの W(ダブル)仕様" ということもあり、噛みしめた際の "口の中で軽い塩味とともにフワリと広がる感じは悪くなく"

画像

バターと醤油の味わいについては、過去に登場した「バター醤油味」と (記憶を頼りに) 比べ

画像
(2012版 ポテロングバター醤油)

醤油は 原材料からも "シーズニングパウダーの粉末醤油に別途醤油が加わったもの" と分かりますが "特に変わった様子はなく" バターは "バターオイル加工品単体ではなくシーズニングでカバーされていることが影響している" のか "大きく味を変えてしまうほどではない" けれど "一歩後退した感は否めず" "少しだけ醤油の風味を際立たせたバター醤油味かな" という味わいで

画像

個人的には、ビールのオトモなど "おつまみ的いただき方" をしてしまうと "物足りない" だろうけど "ポテトとバター醤油の相性がいい" だけでなく "バター醤油にフォローされたえび風味のこの味わい" は "手を止めることなくいただくことにはなるよね" という印象です。

画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

おしらせ

森永製菓「ポテロング えびバター醤油味」試食 michi の ひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる