michi の ひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 明治「マカダミア まろやか抹茶」試食

<<   作成日時 : 2017/04/02 12:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

3月14日発売の明治「マカダミア まろやか抹茶」です。

画像

ニュースリリースなどでは

画像
(パッケージ裏面表示)

サクッと香ばしいマカダミアナッツを、まろやかな抹茶チョコレートで包み、マカダミアナッツの繊細な風味を感じられるよう、チョコレートの "抹茶の香りや苦み" "ミルク感" のバランスにこだわりました。

と紹介され、原材料は以下の通りで

画像

乳糖、マカダミアナッツ、ココアバター、植物油脂、砂糖、全粉乳、脱脂粉乳、抹茶、クリーミングパウダー、乳化剤、香料、着色料(クチナシ、フラボノイド)、酸化防止剤(V.C、V.E、ローズマリー抽出物)、(一部に乳成分・大豆を含む)

通常の「マカダミアチョコ」と比べ "カカオマスが使われていない" ことから "マカダミアナッツをホワイトチョコをベースに抹茶を加えたチョコで包んだもの" だろうと思われますが

画像
(明治 マカダミアチョコ)

砂糖、マカダミアナッツ、全粉乳、カカオマス、植物油脂、ココアバター、乳糖、クリームパウダー、乳化剤(大豆を含む)、香料

私の場合 "マカダミアナッツをいただくのは久々" ということもあり、明治がいうところの "マカダミア引き立つまろやか抹茶" を "イメージすることが出来ず" "これは確かめてみるしかないよね" と今回チョイスしてます。

なお、箱を開けチョコを取り出すと、色合いは "抹茶を思わせる綺麗な緑色" ながら "抹茶以上にミルキーな香りが漂い"

画像

"トップに3本の波型ラインのあるドーム型をしたチョコ" の中に "ゴロッとマカダミアナッツが入った" 作りは "通常のマカダミアチョコと変わらず"

画像

いただいてみると、マカダミアナッツの "ローストされたであろう芳ばしさをともなったサクっとした軽い食感は健在"

チョコは "ナッツとしてややソフトなマカダミアの食感に合わせた" ということか "板チョコのようなハードさはなく" "まろやかな口溶け感も確保され"

抹茶の風味については、香り同様ミルキーさが抹茶を上回るものの "ほんのりと広がる感じは優しさに満ち" (ホワイトチョコにありがちな) "甘ったるさやくどさもなく" "抹茶の風味とマカダミアナッツの芳ばしさを妨げない程度にミルキーさが (後味として) 少し残るかな" という味わいで

画像

感想としては "抹茶の苦みは微妙" ではあるけれど "抹茶の優しさとミルク感にこだわった" であろうことは 商品名が "濃厚なではなくまろやか" となっていることを含め "分からないではないよね" という印象です。

画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

おしらせ

明治「マカダミア まろやか抹茶」試食 michi の ひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる