michi の ひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS カルビー「ポテトチップス ねぎねぎ 75g」試食

<<   作成日時 : 2017/08/19 12:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

8月7日発売のカルビー「ポテトチップス ねぎねぎ 75g」です。

画像

パッケージには

画像

香りが特長の「青ねぎ」と甘みが特長の「白ねぎ」を使用したポテトチップスです。塩とごま油の味付けがたまらない。

とあり、原材料は以下内容となり

画像

ねぎについては、6月に登場した 三真「青ネギオイル仕立てのネギバカおかき 40g」 をいただいた際にも触れている通り、大きく分けて

画像

@畑に植える際土を盛りあげる畝 (うね) を高くする(土に埋まっている部分を多くする) ことで鍋などに合う甘みある白い部分が多くなる = 下仁田ねぎ・深谷ねぎなどの白ねぎ(長ねぎ・根深葱)

A主に緑の葉の部分をいただき炒め物や薬味に利用することでネギの風味を存分に味わえる = 九条ねぎで有名な青ねぎ(葉ねぎ)

画像
(白ネギと青ネギ)

があり "脇役になりがちなねぎを前面にする" だけでなく "白ねぎと青ねぎを" ということであれば (ねぎ好きな私のこと) "いただかない訳にいかないだろう" と今回チョイスしていて

袋を開けいただいてみると "ねぎの香りがほんのりと漂う" ものの、期待が大き過ぎたのか "特別インパクトは感じられず"

画像

ねぎを包丁などでカットした際の "ねぎに含まれるアリインがアリナーゼという酵素により揮発性の臭い成分であるアリシン (硫化アリル) に変化する" ことでの "鼻を刺激するツンくる感じ" の他

"白ネギの加熱することでにじみ出てくる優しい甘さ" "青ねぎの繊維のきめ細かさによる香りの高さ" など "ねぎが主役レベルで主張してくることのない"

画像

ねぎ好きにとって、薬味的扱いといわないまでも "塩とごま油の芳ばしさにねぎの風味を軽く加えた" ような "マイナス要素が並んでしまうだろう" "チョット残念な味わい" ではあるけれど

画像

"パリッとした心地いい食感は勿論" "ねぎがチョット苦手であっても(気にすることなく)風味を楽しむことが出来るいただき易さ" からは (私の場合りピートはありませんが) ポテトチップスとして "いい意味で無難な仕上がりといっていいかもしれないね" という印象です。

画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

おしらせ

カルビー「ポテトチップス ねぎねぎ 75g」試食 michi の ひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる