michi の ひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 日清食品「チキンラーメンビッグカップ から揚げレモン&ペッパー」試食

<<   作成日時 : 2017/08/30 12:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

8月14日発売の日清食品「チキンラーメンビッグカップ から揚げレモン&ペッパー」です。

画像

"来年60周年を迎えるチキンラーメンの記念商品第一弾" として "国産チキンを100%使用したローストしょうゆ味の元祖鶏ガラスープに、3種類のチーズ (チェダー、モッツァレラ、ゴーダ) が溶け込み生まれるコクのある味わいを特長とする = チキンラーメンどんぶり トリプルチーズ" とともに登場し

画像
(チキンラーメンどんぶり トリプルチーズ)

商品については

大人から子どもまで大人気のから揚げを具材に使用し、別添のレモンの香りをきかせたブラックペッパーで仕上げると、ジューシーかつ爽やかな味わいが広がります。

とアナウンスされ、原材料及び1食当たりの標準栄養成分は以下の通りで

画像

油揚げめん(小麦粉、植物油脂、醤油、食塩、チキンエキス、糖類、たん白加水分解物、香辛料、デキストリン、香味調味料、オニオンパウダー)、かやく(唐揚げ、卵、レッドベルペパー、ねぎ)、スパイス(糖類、食塩、香辛料、レモン果汁)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸Ca、かんすい、増粘多糖類、セルロース、酸味料、香料、カラメル色素、酸化防止剤(ビタミンE)、ベニコウジ色素、ビタミンB2、ビタミンB1、カロチノイド色素、(原材料の一部に乳成分、ごまを含む)

酸味料・香料の他 "水溶性で粘性を持ちとろみを付けたりする増粘多糖類" "乳化・増粘剤としてのセルロース" "唐揚げに色合いを持たせる為と思われるカラメル色素とベニコウジ色素" などが使われているものの、基本的には、通常の "チキンラーメンどんぶり" をベースに

画像
(チキンラーメンどんぶり)

かやくである "卵・鶏肉・ねぎ" を "唐揚げ・卵・レッドベルペパー・ねぎ" という構成に変更 "糖類・食塩・香辛料・レモン果汁からなるスパイスを加えたもの" だろうと思われ

カップ蓋部分には "特製レモンペッパー"

画像

カップ内には "麺・茶色いからあげ・黄色い卵・緑色のねぎ・レッドベルペパー(赤パブリカ)" が入れられ

画像

"調理時間は3分" よくかき混ぜ "粉末状のレモンペッパーを投入" することで "レモンの酸味が利いたチキンスープの香りがほんのり漂うチキンラーメンのから揚げレモン&ペッパー味の完成" となり

画像

いただいてみると、スープは "麺から滲み出るお馴染みのチキンラーメンスープ" と "糖類のほんのりとした甘さを持たせたレモンの酸味と清涼感・アクセントとしてのペッパーからなる特製レモンペッパー" が "アレンジメニューらしく" "チキンラーメンらしさを失わせない (絶妙な) バランスで合わさり"

麺は "吸水力が高く調理時間は少し短めの方がいいかもしれない" "醤油ベースのチキンスープでしっかりと味付けされたいつもの中細油揚げ麺"

画像

かやくについては "ねぎとレッドベルペパーがオマケ的雰囲気" ながら "カップヌードル系のスクランブルタイプと異なる" (チキンラーメンに合わせたであろう) "崩れてしまいそうでいてそれなりに形状をキープしている掻き玉風卵の出来栄えは(量として少ない気はするも)悪くなく"

画像

唐揚げは "成型したものでなく鶏肉をカットしそのまま唐揚げにしたようなゴロッとした姿" で "小さなサイズながらメインというにふさわしい味わい" で

画像

個人的には、2015年3月「ベーコン&チーズ」2015年8月「かに玉風」2016年4月「炭火焼チキンわさび風味」2016年8月「withシーフードBBQ」2017年4月「卵黄だれ鶏つくね」等々

画像

"過去に登場したアレンジメニュー" の中では (唐揚げ好きということを差し引いても) "一番かな" という印象です。

画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

おしらせ

日清食品「チキンラーメンビッグカップ から揚げレモン&ペッパー」試食 michi の ひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる