行ってみたいな 日本の風景 3

「雪がちらつく町並みはどこをとっても絵になる。雪吊(つ)りもゆかしい兼六園、凍えるような水をたたえる犀川(さいかわ)、石畳に紅殻格子(べんがらごうし)の茶屋街。しっとりと絵になる風景」と語る切り絵画家、久保修さん。

画像
「雪吊り(兼六園)」(久保修さんの作品)


暖かい季節に行ったことはあるけれど・・・これは別の世界だ。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック