懐かしい海外版TV

団塊世代あたりの方にとっては、とても懐かしい海外版TVドラマばかりだと思う。

画像

■ベンケーシー
青年医師ベン・ケーシーを主人公とする医療ものテレビドラマ。1962年にTBS系列で放送が始まり、最高視聴率が50%を超えた。オープニングの「♂、♀、*、†、∞」(「男、女、誕生、死亡、そして無限」と吹き替え)という、語りながらチョークで書く板書が有名。

■コンバット
TBS系列で1962年11月7日から水曜日、20:00から1時間放送され人気を博した。特に、テーマソングとSTARRING: RICK JASON (AND) VIC MORROW(サンダース軍曹役のヴィック・モローが主役のエピソードの場合には、STARRING: VIC MORROW (AND) RICK JASON)のナレーションが有名。

■逃亡者
1964年5月16日から1967年9月2日までTBS系列で放送されて人気を博し、最終話の放送時刻には、ラジオドラマ「君の名は」のように、銭湯が空になったと言う。当時発売されたTVガイドによると、日本での最終話の視聴率は、前編が24.5%、後編(最終回)が31.8%。

■0011ナポレオン・ソロ
スパイもののテレビドラマで、第1シーズンはモノクロ、以降はカラー放送。日本では、1966年から1970年まで、日本テレビ系列で放送。

■謎の円盤UFO
1970年10月3日から1971年3月27日まで日本テレビ系列にて放送された。「UFO」という言葉を一般に紹介する先駆的役割を果たした。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック