ロンドン・テムズ川に「浮かぶ」歩道設置建設へ

2012年にロンドン五輪やエリザベス女王の即位60周年などの大イベントを控えるロンドンで、テムズ川に「浮かぶ」歩道を設置し、展示館や公園、プールなどを建設する開発プロジェクト、「ザ・ロンドン・リバー・パーク」が実現に向け動き始めている。

画像
ザ・ロンドン・リバー・パーク完成予想図

プロジェクトでは、歩道は川の流れによって上下し、テムズ川の北岸地域に沿って、西はブラックフライアーズブリッジから東はロンドン塔付近までを結ぶ。歩道には途中でガラス張りの8つの展示館が設けられ、美術館やコンサートホールなどとして利用されるという。水泳プールやエコパークも建設される。

訪問者はこの歩道を通ってロンドンの観光名所や路地、現在は使用されていない岸に近い埠頭などを訪れることができるのだそうだ。

個人的に憧れの街なので、完成した姿をCGじゃなく、実際に見てみたい!


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック