スペース1999

「スペース1999」は、1974年から1975年に「サンダーバード」で知られるイギリスのジェリー・アンダーソンにより製作され、2シーズン計48話が製作、ITCにより配給された。
日本のTBS系で第1シーズンが放映された際には、「スペース・1999」、テレビ朝日での第2シーズン放映時には「宇宙大冒険 スペース1999」の邦題が付けられた。

画像

■ストーリー
1999年9月13日、月に貯蔵されていた核廃棄物が突然爆発を起こし、月は地球の周回軌道を外れて宇宙をさまよい始める。月基地ムーンベース・アルファのクルーは放浪し、外宇宙の様々な脅威にさらされるが、コーニッグ指揮官のリーダーシップとアルファ隊員の努力によりそれらを克服し、安住の地を求めて無限の宇宙をいく・・・。

以下はニコ動画(再生開始後右下の「・・・」をクリックすることで、画面上流れるコメントを非表示できます)でシーズン1第1話。

Season1 Episode1 BRAKEAWAY

■イーグル・トランスポーター
アルファに残された唯一の他惑星への移動・探索手段として、また対宙防衛戦力として大活躍をする宇宙船だが、トランスポーターという名の通り、イーグルは基本的には戦闘用ではなくむしろ作業用メカとしての活躍も多い。「サンダーバード」で言えばコンテナ換装式輸送機であるサンダーバード2号というところか。

画像

■チョット一言
地球上の普通の作品では標準のアングルで撮影され爆炎が落下しても不自然ではないが、宇宙空間では空気がないためにどうしても不自然となるため、天井で爆発物を点火しそれを下から据えたカメラでとらえる方法が採用された。この方法により、爆破は前方に向かってくるため不自然さはかなり解消された。

宇宙船は従来ではピアノ線でミニチュアを操作していたのだが、大半の宇宙空間でのシーンは宇宙船を固定撮影して星空の映像にスーパーインポーズするという方法が採用された。ピアノ線の操作では微妙にずれるためで、大気圏内ではGや空気抵抗があるためにそのようなことがあっても不思議ではないが、宇宙では宇宙船がぐらぐら動いてるのは不自然なのだ。

放映当時は丁度「スターウオ-ズ」や「スタートレック」の映画版が次々と公開され、日本でも東宝「惑星大戦争」や東映「宇宙からのメッセージ」が公開されるというSFブームの真っ最中だったが、このシリーズではアンダーソン作品らしい見事な特撮シーンを随所で確認できる。

ちなみに、エンディング・テーマのクレジットに、主題歌作詞作曲「荒木一郎」歌「上条恒彦」。




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック