ウルトラセブン 第31話 悪魔の住む花

画像
(ウルトラセブン第31話:劇中より)

■ストーリー
花畑で突然倒れた少女カオリは、入院先の病院で姿をくらまし夜な夜な人を襲う吸血鬼と化してしまう。輸血をしたアマギも襲われ失踪する。検査の結果、カオリの体内には宇宙細菌ダリーが住みついていることがわかる。現代医学では駆除する方法がない中、ダンはセブンに変身してミクロ化し、体内に入り宇宙細菌ダリーと戦う・・・。

画像
(ウルトラセブン第31話:劇中より)

■登場細菌
ダリー 身長1mm 体重0.1g
画像

■チョット一言
この作品は、松坂慶子の少女時代映像が観れることから有名な作品で、作品中、ダンは「こんなに美しい顔で血なんか吸うわけがない」、フルハシは寝顔を見て「まさに眠れる森の美女」とまで語る。
誰もいない夜の遊園地でカオリとアマギが回転木馬に乗るシーンに使われているBGMは「メトロン星人のテーマ」だ。エコー処理がなんとも云えない幻想感を持たせてくれる。

ニコ動画なので再生後映像上の流れるコメントは
右下[・・・]部分をクリックすれば消せます。

当時彼女は、劇団ひまわり所属の子役でいろいろと数多く出演しており本作品がデビュー作と云い切っている方もいるがデビュー作ではない。前年(1967年)「忍者ハットリくん+忍者怪獣ジッポウ」にレギュラーとして出演している。
それにしても、セブン出演時は15歳なのだが、設定が女子大生とは!

また、この作品は「ミクロの決死圏」(1966年制作のアメリカ映画)の影響を大きく受け製作されているが、円谷組がミクロの世界をどこまで表現できるか挑戦したもので、宇宙細菌ダリーの名も「ミクロの決死圏」で美術を担当したサルバドール・ダリに由来したものだ。

■ウルトラセブンVOL.8 第30話から第33話を収録
 第30話 栄光は誰れのために
 第31話 悪魔の住む花
 第32話 散歩する惑星
 第33話 侵略する使者たち
画像




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック