恐怖劇場 アンバランス

「恐怖劇場 アンバランス」は、1973年1月8日から同年4月2日の間フジテレビ系で毎週月曜日23:15 - 00:10に放送された。円谷プロ制作の番組で全13話。

画像

円谷ファンとしては押さえておかなければならない作品かと思うが、円谷プロ=特撮と云う期待を持って観ようとしてはいけない・・・。

Wikipediaによれば
円谷プロが「怪奇大作戦」に続いて製作した、大人向け1時間ドラマ。「ウルトラQ」の企画時のタイトルだった「アンバランス」を冠しており、円谷プロにとって原点回帰の意味も込められていた。「怪奇大作戦」では科学技術の内包する暗黒とそれを利用する犯罪者の恐怖が描かれたが、本作では日常や常識のバランスが崩れた不可解で理不尽な恐怖が題材とされた。制作初期はオリジナル脚本によるオカルト路線だったが、後半は原作付きのサスペンス路線にシフトしていき、結果的に幅広い意味での恐怖が描かれることになった。

確かに、円地文子、西村京太郎、松本清張、山田風太郎など揃え、後半はサスペンス色が強いが、音楽が冨田勲であったり出演俳優の豪華さであったりと、円谷プロ=特撮さえ思い浮かべなければ楽しめる作品群だ。(「第4話 仮面の墓場」主人公役で唐十郎なのには驚かされた。)
これは、DVD 恐怖劇場アンバランスのプロモーション映像

ニコ動画なので再生後映像上の流れるコメントは
右下[・・・]部分をクリックすれば消せます。

ただ、この「恐怖劇場 アンバランス」は不遇の作品として語られることが多い。放送は1973年なのだが、製作は1969年7月からスタートし翌年3月には終了していた。当時としては、過激な題材や描写からスポンサーが付かなかったようだ。約3年の間お蔵入り作品となったわけだが、青島幸男を番組ナビゲーターとして付け加え何とか放送された。このナビゲータ登場スタイルはアメリカの怪奇ドラマ「ミステリー・ゾーン」を模したものだろう。当時青島幸男は参院議員だと記憶するが、ある意味時の人であった。

ちなみに、放送された「第1話 木乃伊の恋」(原作:円地文子 二世の縁 拾遺)は製作順でいくと10番目にあたるのだが、製作順の第1話は「墓場から呪いの手」(放送は第12話)で、ウルトラセブンでお馴染みの満田かずほ監督によるものだ。また、脚本もウルトラセブン「超兵器R1号」でダンに「まるで血を吐きながら続けるマラソンですよ」と名言を云わせた若槻文三だ。
(参考)墓場から呪いの手:ストーリー
会社の帳簿に穴を開けた桑田は、それに気づいた久美を誘惑して利用する。しかし全てを明らかにしようとする久美を殺し、死体をバラバラにし川に投棄したり山中に埋めたりする。久美の無念はバラバラにされた右手に宿り、手は山本の元へ向かい追い詰められた桑田は非常階段から転落する・・・。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック