V(アメリカSFTVドラマ)

巨大なUFOのマザー・シップが地球上に飛来する。人間と変わらない容姿を持ったエイリアン「ビジター」は、全人類に平和と友好を約束するが、彼らの真の目的は地球上の豊富な水資源の略奪、食料としての人間を捕獲することであった・・・。

1983年から1984年に全5作製作された「V」、アメリカで放送されたSFテレビドラマだ。(今年8月リメイク版が発売されている)

画像

海外SFTVドラマとしては、70~80年代におすすめ作品が多く「謎の円盤UFO」「スペース1999」「宇宙空母ギャラクティカ」等々がある。特に「V」については、宇宙人襲来ものの名作としてTVドラマ史に残る作品だと云っても過言ではなく、当時ビデオレンタル黎明期の日本において本作ビデオが前代未聞の高回転を記録した人気作品でもあった。

これは、最終話「ファイナルバトル 最後の決戦」のラストシーン。

ビジター母船の指令室に入った主人公たちは、ビジター女性指令官ダイアナを撃ち核爆弾のプログラムコードを解除しようとするが止められないでいる。そんな中ダイアナをとり逃してしまい、あきらめていたその時ビジターと地球の子供エリザベスがプログラムコードを解除し地球を救う。ダイアナはシャトルで母船から去っていく・・・。


28年前の作品であることから、ビジター母船の計器類などに古さを感じる部分もあるが、第1作から一気に今も引き込まれて観てしまう・・・。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック