東宝特撮予告編⑥

東宝特撮手持ち作品の予告編をNET上で探して並べてみた。第6弾。

画像

■キングコング対ゴジラ
「キングコング対ゴジラ」は1962年(昭和37年)8月11日に公開され、東宝創立30周年記念作品として送るゴジラシリーズの第3作だ。またこの作品は「怪獣同士の対決」という日本の怪獣映画の流れを決定付けた作品であり、日本映画の絶頂期だったこともあって観客動員数は1255万人を記録した。

浜美枝と若林映子も出演。(この5年後1967年公開「007は二度死ぬ」でボンドガールを演じることとなる)

画像
(左:若林映子 右:浜美枝)

日本公開版「キングコング対ゴジラ」trailer


米国公開版「King Kong vs. Godzilla」trailer


■マタンゴ
「マタンゴ」は、1963年(昭和38年)8月11日に公開された変身人間シリーズの番外編的扱いを受けている特撮ホラー映画だ。出演者達が食べる劇中のキノコは蒸し菓子で米粉を練った和菓子素材で作られており、毎朝撮影所に蒸したてが届けられたそうだが、そのままでは味気ないと土屋嘉男の提案で砂糖を加えて食べやすくしたところ大好評で、水野久美は特に気に入って食べていたという。

水野久美のその色香に当時の子どもたちは釘づけとなった。海外でも彼女のファンは今も多い。

画像

日本公開版「マタンゴ」trailer(English Sub)


米国公開版「MATANGO」trailer(海外版にしてはめずらしく、文字こそ英語だが日本公開版と同じ映像を使っている)


■海底軍艦
「海底軍艦」は、1963年(昭和38年)12月22日に公開され、劇中の海底軍艦、ムウ帝国潜水艦ともにデザインは小松崎茂で「潜水艦とロケットとでは根本的に構造が違うので、轟天号のようなものを実際には作れないのは分かっているが、映画の画面ではそれなりに観客を納得させられるようにデザインした」との趣旨の発言をしている。設定ではキャタピラを出して地上を走る陸上型の変形もあったが、劇中では描かれなかった。

クレオパトラを連想させる衣装でムー帝国女王役の小林哲子、強烈な眼力と女王としての威厳あふれる台詞回しは強烈な印象を残した。

画像

日本公開版「海底軍艦」trailer



米国公開版「ATRAGON」trailer(特撮シーンがメインとなっていて、小林哲子の台詞シーンは無い)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック