東宝特撮予告編⑤

東宝特撮手持ち作品の予告編をNET上で探して並べてみた。第5弾。

画像

■モスラ
「モスラ」は、1961年(昭和36年)7月30日に公開され日本初の「東宝スコープ」(ワイド・スクリーン)の怪獣映画である。東宝がゴジラ、ラドンに続く怪獣キャラクターとして注力した、製作費に2億円(当時)をかけた日米合作であり、ゴジラ、ラドンと並び「東宝三大怪獣」と称されている。

これは、米国公開版「Mothra


■世界大戦争
「世界大戦争」は、1961年(昭和36年)10月8日に公開され、東京、ニューヨーク、ロンドン、パリ、モスクワが核ミサイルによって破壊されるクライマックスシーンは、天地を逆にしたミニチュアの下から圧縮空気を吹き出させる方法で撮影された。

米国公開版「The Last War


■妖星ゴラス
「妖星ゴラス」は1962年(昭和37年)3月21日に公開され、謎の燃える怪星ゴラスと地球との衝突を回避するため、地球の公転軌道そのものを変えようと奮闘する人々を描いたものだ。また、南極を砕氷船が進むシーンでの氷原は、当時最新の素材だった発泡スチロールで作られており、ラストの水没した東京のシーンは、ビル群のセットを利根川に持ち込んで撮影されている。

米国公開版「GORATH

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック