ウルトラセブン 第36話 必殺の0.1秒

画像
(ウルトラセブン第36話:劇中より)

■ストーリー
秘密裏に人工太陽計画を進める主要人物が相次いで射殺される。防衛軍の射撃大会で上位に入賞したソガらは急遽、最高責任者のリヒター博士の護衛にあたるのだが、敵は博士を狙いはソガは負傷してしまう。旧友であり射撃の優勝者でもあるヒロタが不審な行動を見せる。計画妨害をはかるペガ星人はソガをも支配してウルトラ警備隊の行動を混乱させる・・・。

一時の名声に目がくらみ、宇宙人に魂を売ってしまう「人間の愚かさ」を描いたエピソード。

■登場宇宙人
ペガ星人 身長1.6m 体重56kg

画像

■チョット一言
博士の護送中襲われ、銃弾が博士の頭をも撃ち抜くシーンがあるが、周囲の話では殺された博士は実は変装した情報部員だった。博士を守る為とはいえ、この情報部員は身代わりに殺されちゃうのはねぇ・・・。

画像
(ウルトラセブン第36話:劇中より)

ソガとヒロタの決闘、旧友同士の無情な対決、銃声とともにしばしの静寂のあと、敗者のみがゆっくりと崩れ落ちる・・・西部劇では良く見掛けるシーンだけど、ここまでやるのならもう少し両者の緊張に満ちた表情や仕草を細かく丁寧に撮って欲しかったなぁ。そうすれば、ソガが自分の拳銃とヒロタの拳銃を交差させヒロタの胸に置くシーンも"クサさ"を感じなかったと・・・。

画像
(ウルトラセブン第36話:劇中より)

セブンは円盤に乗り込んで、ペガ星人から地球を太陽系侵略基地にすると云われても"自分の星に帰れ"と通告する・・・。
セブンはやはり戦いは好まず、やむを得ないと判断した時しか戦わないのだなと納得。
しかし、ペガ星人は地球の気圧に耐えられないのに、何故地球を太陽系侵略基地に・・・?

画像
(ウルトラセブン第36話:劇中より)

■ウルトラセブンVOL.9 第34話から第37話を収録
 第34話 蒸発都市
 第35話 月世界の戦慄
 第36話 必殺の0.1秒
 第37話 盗まれたウルトラ・アイ

画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック