ベンチャーズ「パイプライン」

その昔、エレキ・ギターを手にした方なら、1度は弾いてみようとチャレンジしたであろう、ベンチャーズの「パイプライン」。

モズライトのギターと今ではほとんど見ることのない真空管アンプ(以下動画はフェンダー社製だが、後に来日した際グヤトーン日本製を使ったりもした)を使ってのダイナミック・サウンドで、日本でも若者たち(私もその一員)をとりこにした。その後エレキ・ブームを巻き起こし、"勝ち抜きエレキ合戦" などのバンド合戦が頻繁に行われたりし、特に日本では「テケテケ」と呼ばれた低音弦(パイプラインは6弦)をスライドさせて、ピッキングを行う「クロマティック・ラン」奏法がとても魅力的だった曲。

「パイプライン」は当時 "勝ち抜きエレキ合戦" の課題曲として使われることも多かったのだけれど、その理由は曲がとてもシンプルでバンドとしての実力がわかり易かったことによる。


そして、1965年の来日公演を収録した「VENTURES IN JAPAN」は、ベンチャーズが日本で定着するきっかけとなったアルバム。

画像

勿論わが家にも存在する LP Record だけれど、ギター片手に一生懸命聴きながらコピーしたものだ・・・。当時徐々に楽譜が入手できるようになり、楽譜上の記号意味がわからず、学校で音楽の先生に聞きにいったら「バンドやってるのか?頑張れよ!」と云ってもらえたりもした。懐かしい・・・思い出だ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • Walk Don't Run [Import, From UK]

    Excerpt: Walk Don't Run発売日:2012-01-16価格ベンチャーズ 『ベン... Weblog: あれ欲しい racked: 2012-03-25 07:16