ウルトラセブン 第40話 セブン暗殺計画(後編)

ウルトラ警備隊をはじめとする防衛軍が果たしてセブン救出など、できるのでしょうか?から始まる「第40話セブン暗殺計画 後編」。

画像
(ウルトラセブン第40話:劇中より)

■ストーリー
ウルトラ警備隊本部は妙な発信音をキャッチし、その発信音はセブンからのものであることが判明する。それによると、ある鉱石を使えばセブン救出が可能なことを知る。しかしその鉱石は容易に手に入るものではなかったのだが、フルハシが知人ナツコからもらった土産がこの鉱石であり、残りの鉱石を譲ってもらうよう協力を依頼しようとするが、彼女はガッツ星人に襲われる。鉱石はガッツ星人に奪われたと思いきや、奪われたのはイミテーションで、なんとかセブン救出に成功、息を吹き返したセブンは再びガッツ星人に立ち向かう・・・。

■登場宇宙人
ガッツ星人 身長2~40m 体重200kg~1万t

画像
(ウルトラセブン第40話:劇中より)

■チョット一言
キャッチした発信音はセブンの脳髄から発信されたもので、宇宙ステーションを経由してとされているけど、なぜ直接ウルトラ警備隊では受信できないんだろう・・・。おまけに、ガッツ星人は妨害電波を出していたのに、ウルトラ警備隊はなんとか解読する。前編でハラハラさせておいて、後編では都合の良い設定だねぇ。

画像
(ウルトラセブン第40話:劇中より)

都合が良いといえば、鉱石(ダイモード鉱石)はフルハシへの土産!おまけに、ナツコに付けていた鉱石のペンダントはガッツ星人に引きちぎられるがイミテーションだった。本物の鉱石は家にしまってあるなんて。そんな高価な鉱石だったのか?珍しいだけじゃないの?ガッツ星人の顔はどこかとぼけた感じがするのだけど、この場面でのガッツ星人は怖そうだ。

画像
(ウルトラセブン第40話:劇中より)

鉱石を使ってのベーター線照射するも突き抜けてしまうことから、セブンのはりつけ姿は幻だったわかるのだけど、何の為に幻(3次元映像?)にしたのか良くわからないし、「一体セブンはどこにいるのだろうか」とナレーションが入るけれど理由は明らかにされない。

画像
(ウルトラセブン第40話:劇中より)

前編では徹底的に苦しめられたセブンだったことから、"都合の良い" 後編だけど、息を吹き返しイキイキと画面を動き回るセブンの姿を観ちゃったら全て許してしまうよね。

画像
(ウルトラセブン第40話:劇中より)

■ウルトラセブンVOL.10 第38話から第41話を収録
 第38話 勇気ある戦い
 第39話 セブン暗殺計画(前編)
 第40話 セブン暗殺計画(後編)
 第41話 水中からの挑戦

画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック