東宝特撮予告編⑮

東宝特撮手持ち作品の予告編をNET上で探して並べてみた。第15弾。

画像

■ゴジラVSモスラ
「ゴジラvsモスラ」は1992年に公開されたゴジラシリーズの第19作で、登場する怪獣は、ゴジラ、モスラ(幼虫、成虫)、バトラ(幼虫、成虫)。平成ゴジラシリーズで初めて自然破壊を題材に取り上げた作品で「環境破壊」と「家族愛」がテーマ。小美人は本作ではコスモスという名で、演じるのは今村恵子(第3回東宝シンデレラコンテスト・グランプリ)と大沢さやか(同・審査員特別賞)。

日本公開版「ゴジラVSモスラ」Trailer


ドイツ公開版「Godzilla vs. Mothra」Trailer


■ゴジラVSメカゴジラ
「ゴジラvsメカゴジラ」は1993年12月11日に公開されたゴジラシリーズの第20作。登場怪獣はゴジラ、メカゴジラ、ラドン、ベビーゴジラ、メカキングギドラ。本作は日本映画としては初めて実験的にドルビーデジタル5.1chサラウンドフォーマットが使用され、封切時には有楽町の日劇、大阪の梅田東宝劇場において、5.1ch仕様のフィルムで上映された。

日本公開版「ゴジラVSメカゴジラ」Trailer


英語圏公開版「Godzilla vs. Mechagodzilla II」Trailerは発見できませんでした。これは英語版をTV鑑賞している方が、自前のカメラで撮影した映像です。


■ヤマトタケル
「ヤマトタケル」は1994年7月9日に公開され、日本神話ヤマトタケルをモチーフとした特撮映画である。企画当初は1995年の正月映画で、それまで東宝のドル箱となっていた「平成ゴジラシリーズ」を1994年の正月映画「ゴジラvsメカゴジラ」で一旦終了させ、その後を担う形を取る予定だった。だが「vsメカゴジラ」が大ヒットとなったこともあり、シリーズは続投が決定。結局1995年の正月映画は「ゴジラvsスペースゴジラ」が公開され、本作の公開は半年繰り上げとなった。

日本公開版「ヤマトタケル」Trailerは発見出来なかったので、ウツノイクサガミとヤマタノオロチの戦闘シーンをどうぞ。


英語圏公開版「Orochi-The Eight-Headed Dragon」Trailer

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック