テイラー・スウィフト(Taylor Swift)の「Change」

米音楽賞アメリカン・ミュージック・アワードの授賞式が18日、米カリフォルニア州ロサンゼルスで開催され、5年連続でカントリー・ミュージック部門女性アーティスト賞として、テイラー・スウィフト(Taylor Swift)が受賞。

画像

彼女は1989年12月13日生まれですから現在22歳、一見その美貌を売りにするぽっと出のシンガーかと思ってしまいそうですが(私だけかな)、レコードデビューは2006年、そして5年連続でカントリー・ミュージック部門女性アーティスト賞を受賞していることから、確かな実力を持っているシンガー・ソング・ライターとして誰もが認める存在となっているようです。

2006年10月にデビューシングル「Tim McGraw」とデビューアルバム「Taylor Swift」がリリースされ、アルバムはBillboard(米国の週刊音楽業界誌で、CD売上やラジオのオンエア回数などを集計したヒットチャートで知られている)の総合アルバムチャートBillboard 200に19位で初登場し、発売後の1週間で6万1000枚以上を売り上げ、その後Billboard 200では5位に上がり、カントリー・アルバム部門で1位を獲得。

また、2008年11月11日にリリースされたセカンド・アルバム「Fearless」はBillboard 200で1位を獲得。1週間で59万2000枚を売り上げ記録的なヒットとなり、アルバム内の「Change」は北京オリンピックのアメリカ代表の応援曲に採用され、NBCによるオリンピック中継の際に流れていたので耳にした方もいるかもしれません。


悲しい絵ね、最後の一撃がとどめを刺す
また他の人があなたが欲しいものを手に入れる
全部同じだって分かっている、時と場所が違うだけ
歴史が繰り返し、あなたは嫌になる
でも君が何をしても私は信じているわ
やり通すためには何だってする

状況は変わるから
感じられる?
私たちを隔てる壁が崩れ落ちるの
この革命、時が来るわ
私たちが勝つ時が
そしたらハレルヤ歌うの、ハレルヤ歌う

学生時代に同級生から "いじめ" を受けていた彼女ですが、「彼女達のいじめという逆境に負けず頑張れたし、試練にもなった。私が世界に負けないよう強くなれたのも彼女達のおかげだと思うわ」と後に語っていますが、この曲の作詞作曲は勿論彼女自身であり、彼女の言葉を証明するがごとくとても力強さを感じます・・・Good!です。

追記:
2012年度MTVヨーロッパ・ミュージック・アワードでも、「最優秀女性アーティスト賞」「最優秀ライブ賞」「ベスト・ルック賞」の3部門を受賞しています。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック