"竜田揚げと唐揚げ" なんですが・・・

竜田揚げと唐揚げ・・・地域によりますが唐揚げと竜田揚げが同じものとされ、唐揚げが竜田揚げまた竜田揚げが唐揚げとして出されたりもするようで、ややこしい限りです・・・

画像

個人的には "竜田揚げ" は肉などに醤油とみりんから作ったタレに漬け込んで下味をつけて片栗粉のみで揚げたものであり、"唐揚げ" は小麦粉(片栗粉を混ぜる場合もある)を使用し更に下味ににんにくを使用したりしたものと思っている訳ですが、こうした地域に行ったりした時に "同じものと自信を持って出される" とどんな風に竜田揚げと唐揚げという言葉を使い分けているのだろうと聞いてみたくなってしまいます。(小心者なので実際聞いたことはないですけどね)

由来については諸説あるようですが・・・竜田揚げは、百人一首のひとつである在原業平の歌 "ちはやぶる神代もきかず龍田川からくれなゐに水くくるとは" (紅葉の名所である竜田川に紅葉が流れる姿をみて神々の霊威で不可思議なことがいくらも起こった大昔にもこんなことがあったとは聞いたことがない)からきていて竜田揚げの色合いがとても似ているからとするものと、旧日本海軍の軽巡洋艦「龍田」の司厨長が小麦粉が無かった為代用として片栗粉を使って揚げたとするといったものがあり、一方唐揚げは一般的に奈良時代に遣唐使を通じて唐から食べ物を油で揚げる技法が伝わりその技法が江戸後期~明治時代にかけて鶏肉を食べる文化とともに広まったとされ "唐揚げ" と書かれるのはこのためだとも云われているようです。

まぁ、竜田揚げも唐揚げも美味しく食べられれば違いをとやかく云うことはないのでしょうが、こだわりの性格だけは変わることはないみたいです(笑)

で、いつものようにNET上の "散歩" をしていたら "ケンタッキー初のからあげが登場!" なんて言葉が眼に飛び込んできて・・・んッ!ケンタの唐揚げ!

画像

3月28日から発売する「旨塩からあげ」といって、ひとくちサイズの骨なしモモ肉を鳴門の焼き塩と胡椒で仕上げた味わいだそうで価格は3ピース180円。そして気になる "ケンタッキー初のからあげ" という言葉ですが、これってもしかしたら "小麦粉と11種類スパイスの高温高圧で作られたものではない" ってことなのでしょうか?・・・もしそうだとしたらこれは食べない訳にはいかないですね。いわゆるケンタのチキンとは全く別物ということになりますから・・・。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック