”ロシアより愛をこめて(From Russia with Love)”

「007 ロシアより愛をこめて」(From Russia with Love)は、イアン・フレミングの長編小説第5作であり、1963年に製作された007シリーズ映画の第2作になります。ただ、この作品は1964年4月に日本初公開となりますが、当時日本語タイトルは「007 危機一発」です。巷の噂では危機的状況からの "危機一髪" と銃弾 "一発" をかけた洒落で、当時ユナイト映画の宣伝部にいた映画評論家の水野晴郎が考案したとされていますが定かではありません。その後1972年リバイバル公開されますがこれ以降は "007 ロシアより愛をこめて" とされ、今ではこの作品のことを "007 危機一発" という人はほとんどいません。

画像

今回紹介するのはバラード・シンガーのマット・モンロー(Matt Monro)によるこの作品の主題歌で、タイトルもズバリ「ロシアより愛をこめて」。ラストで彼が歌い上げるこの曲に乗ってショーン・コネリーとダニエラ・ビアンキがベニスの水上でみせるラブシーンはとても印象的で記憶に残るシーンでした。

画像

ちなみにRock好きの私ですが、最初に買ったRecordがこれです(笑)


それにしても、ボンド・ガールだったダニエラ・ビアンキ・・・美しいですねぇ。

画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック