"John Lennon - Imagine"

"国家や宗教や所有欲によって起こる対立や憎悪を無意味なもの、ユートピア的な世界を思い描き共有すれば世界は変わる" と人類愛や平和を勧める歌として多くの人々から愛唱されてきたジョン・レノンの「イマジン」(1971年)

画像


Imagine there's no Heaven
It's easy if you try
No Hell below us
Above us only sky
Imagine all the people
Living for today...

Imagine there's no countries
It isn't hard to do
Nothing to kill or die for
And no religion too
Imagine all the people
Living life in peace

You may say I'm a dreamer
But I'm not the only one
I hope someday you'll join us
And the world will be as one

Imagine no possessions
I wonder if you can
No need for greed or hunger
A brotherhood of man
Imagine all the people
Sharing all the world

You may say I'm a dreamer
But I'm not the only one
I hope someday you'll join us
And the world will live as one

実はパリで発生した週刊紙「シャルリー・エブド」本社銃撃事件の後、1月11日フランスのオランド大統領の呼びかけで行われた「反テロ行進」の際、この「イマジン」が流れていたと今日初めて知りました。流したのは周囲に住む住民とのことですが、デモに参加した人々が曲に合わせ手拍子を取り歌い出す・・・


この曲の素晴らしさはいうまでもありませんが "鳥肌が立つほどの感動" そして "音楽の持つ力" をあらためて感じる・・・映像です。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック