キリン「午後の紅茶 春をいただくとちおとめティー」

キリンビバレッジから「季節をいただくフルーツティー "午後の紅茶春をいただくとちおとめティー" を3月3日に発売」とアナウンスがあり

画像

日本を彩る季節の気分と旬の果実のおいしさを提供するフルーツティーをコンセプトに、産地品種指定の旬の和果実を使用した新しいシリーズの第1弾商品です。今年、1986年の発売から30年目を迎える「午後の紅茶」ブランドは、これからもさらなる紅茶飲料市場の活性化を目指します。

ということですが、どうやらボトルタイプだけではなく、紙パックでもフルーツティーをシリーズ化しブランドとして育てようという狙いがあるようです。商品としては

栃木県産のとちおとめ果汁(0.1%)を使用した甘くジューシーな苺の香りとすっきりとした紅茶の味わいが楽しめるフルーツティーです。とちおとめの華やかな香りで、これから訪れる春の心弾む気分を表現しました。

とあり、ストロベリーティーはそれほど珍しいものではありませんが "産地品種指定" となると(発見出来ていないだけかもしれませんが)今まで見た記憶はありませんし "珍しいといってもいい" かもしれません。

ちなみに他社では2008年11月にリプトンから(現在は販売終了しているようですが)発売されていて

画像

厳選したセイロン茶葉を100%使用した香り高い紅茶です。ストロベリー果汁を2%使用しました。ストロベリーのフルーティで華やかな香りとすっきりとした紅茶が絶妙なバランスです。

というものでしたが、果汁は "リプトン:産地品種指定なし2%" "キリン:産地品種指定あり0.1%" そしてカロリーは "リプトン:59kcal" "キリン:0kcal"・・・さてこの差が "どんな味わいの違いとなって現れるのか確認しなくてはね" と思ってしまいます。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック