"リプトン レモンティー /ミルクティー / ピーチティー" リニューアル

「4月7日より森永乳業 "リプトン レモンティー /ミルクティー / ピーチティー" は順次リニューアルされる」

まぁこのことは聞いていましたし知ってはいましたが(森永乳業がということではなく)"リニューアルとはいうもののあまり違わない" という印象の商品も少なくないこともあって、実は "見掛けてもスルーしていた" 商品です。

画像

ただ、いつものように色々なメーカーのニュースリリースを読んでいたところ "リプトンリニューアル" 記事もあって確認してみると、パッケージ変更は勿論ですが製法が「ティーエッセンス茶葉配合」呼ばれるものに変更されているそうで「ティーエッセンス茶葉配合」とは

画像

摘みたての茶葉から搾り取った自然のティーエッセンスを、発酵終了直前の茶葉に戻すことで、今まで以上に茶葉本来の豊かな味わいを実現した、ユニリーバ社独自のテクノロジーです。

と説明されていますが、いい方を変えると一般的にお茶は

製造により不発酵茶(緑茶)、半発酵茶(ウーロン茶)、発酵茶(紅茶)、後発酵茶(プーアル茶など)に分類され、発酵とは茶葉に含まれるタンニンを酸化させることをいい、発酵の程度により葉緑素の色が緑色から褐色に、香り・渋味・コクなどが変化する

ということですし、今回のリニューアルは

「茶葉から搾り取ったティーエッセンスを発酵終了直前の茶葉に戻す=ティーエッセンスの発酵を少なくすることが出来る」つまり「緑茶のような不発酵茶に近付ける」ことによって、不発酵茶のように「酵素が介在しない為お茶の成分が限りなくフレッシュな茶葉に近い状態で残せる」

ということだろうと思われ "スルーしてしまった理由=あまり違わないよね" というのは "思い込みだった" みたいで、森永乳業さん m(_ _)m というところです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック