赤城乳業「PABLOアイスとろける美味しさチーズタルト」

"レア&ミディアムと焼き加減が選び食感を好みで変える事が出来ます" ということで人気のチーズケーキ菓子のお店「PABLO(パブロ)」の「焼きたてチーズタルト」ですが

画像

赤城乳業は、PABLOとの共同開発でチーズタルトをイメージしたアイス「PABLOアイスとろける美味しさチーズタルト」を4月21日から全国のコンビニエンスストアで発売するとアナウンスしています。

画像

ただこの商品、2014年12月にも発売されていて "再発売?" と思ってしまうところですが

画像

「よりショップでご提供しているチーズタルトの味わいに近づけました」ということらしく "どこが違うのかな?" とニュースリリースで確認してみると

実際の "焼きたてチーズタルト" に使っているクリームチーズを使用し、爽やかな味わいが楽しめるチーズアイスに、とろける食感を再現したコクのあるチーズソースを真ん中に閉じ込めました。ほんのりチーズの香りが広がる濃厚な美味しさが味わえます。今回のリニューアルでは、タルト部分をイメージしたプレーンクッキーのローストを強め、焼きたてイメージの香ばしさを演出し、底にアプリコットソースを新たに加えることでショップでご提供しているチーズタルトの味を追求しました。

とあり "焼きたてチーズタルトに使っているクリームチーズを使用" "チーズアイスの真ん中にチーズソースを閉じ込めた" "タルト部分にはクッキー" という部分は基本的には変わっていないようで "クッキーのローストを強めることで焼きたてイメージの香ばしさを" そして "底にアプリコットソースを新たに加えた" この2点が違うようです。

個人的に昨年の商品は "チーズアイスはチーズらしさが弱い" "チーズソースは甘過ぎ" "底のクッキーは場所によってバラツキがある" など気になる部分はあったものの "デザートらしくそれなりに上手く作られていたよね" という印象でしたし、今回はこれらが改善されていることを望みますが "アプリコットソース" を加えたというのは "本家PABLO" の場合表面にアプリコットジャムが塗られていますし

画像

可能であれば(プリンのカラメルソースのように表面張力・比重の関係で底になってしまうのかもしれませんが)"底ではなく表面にあって欲しい" とは思うものの "ショップで提供されているチーズタルトにより近付いた" とはいえるかもしれません。地元にPABLOの店舗はありませんので食べ比べ出来ませんが(笑)"昨年との違い確認しなくては"・・・です。

参考:
市販されているプリンでカラメルソースが底にあるタイプの場合、カップにプリンを先に入れ、その後に上からカラメルを入れるのが一般的で、その理由は「カラメルを先に充填するとその後に充填するプリンによりカラメルとプリンが混ざってしまう」ことになりますが「カラメルが後であればカラメルとプリンには比重に差があるのでカラメルは底に沈む」からです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック