5月18日コンビニ先行発売:湖池屋「ポテトチップス もも味」「ポテトチップス バナナ味」

5月18日コンビニ先行発売の湖池屋「ポテトチップス もも味」「ポテトチップス バナナ味」です。

画像

画像

ニュースリリースによると "開発背景" として

パンケーキやグラノーラなど、朝食をテーマとした商品やサービスに注目が集まり、近年、朝食マーケットが盛り上がりを見せておりますが、湖池屋では活況を呈する朝食マーケットに対応する新商品として「ポテトチップス もも味」「ポテトチップス バナナ味」を開発しました。

現在、パンケーキやグラノーラなどは主に20~40代男女に支持されていますが、湖池屋は朝食マーケットに新規参入するにあたり、20~40代男女だけでなく幅広い年齢層への展開を検討。子どもからシニアまで幅広い層に親しまれ、食べ続けられている "ポテトチップス" の新しい可能性に着目しました。さらに、パンケーキやグラノーラが支持されている要因の一つとして "フルーツ" との組み合わせがあることを発見。ポテトチップスと好相性のフルーツを追求し、試行錯誤を重ねた結果、 "もも" と "バナナ" にたどり着きました。

「ポテトチップス もも味」「ポテトチップス バナナ味」の発売を起点に、袋を開けてすぐに食べられ、栄養と満足を手軽に取れる "朝ポテチ" 習慣を朝食マーケットに広げ、"ポテトチップス" をパン・米・グラノーラに次ぐ "第4の朝食" として育てていきます。

ということだそうで、一見 "そういうことですか" という気もしますが、昨年12月22日に発売された「ポテトチップスみかん味」とパッケージデザイン右下の "○○使用" という部分は若干異なるものの、ロゴやポテチのイメージPhotoなど基本的構成は同じですし、個人的には "みかん味の延長線上の商品" という気がしないでもありません。

画像

なお、みかん味は「独創的でユニークな商品で驚きと楽しさを追求してきた湖池屋が冬の味覚の代表的存在である "みかん" と "ポテトチップス" をかけあわせた新商品を開発しました」と紹介され "冬のこたつでみかん" というイメージだけで "朝食として" というコンセプトはありませんでしたが

画像

"Twitterなどでは味わいとして賛否両論" かなり話題になりましたし、告知方法としては "育てていきます" などと遠回りせず、ストレートに "みかん味の別バージョンです" でもよかったのでは・・・余計なお世話でしょうが、そんな風にも思います。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック