"タクシーのメーター"

旅先でもない限り最近ではタクシーに乗る機会はほとんどありませんが "タクシーメーターが上がる寸前で降車する方法" があるとかで "へ~そうだったのか" と初めて知り、友人に確認しても "知らなかった" との返事でしたので紹介しておこうと思います。

まずタクシーに乗ったら "メーターに目をやり何が表示されているのか確認する" ことが必要だそうで、例えば

①「賃走」文字の "賃" の左から白くなっていき "走" の文字右までいくと加算

画像

②「矢印」が1つずつ消えていき3つ消えると加算

画像

③ノコリ「---」の「-」が1つずつ消えてき3つ消えると加算

画像

等々表示方法は異なるようですが、ほぼ「料金上がり予告機能」が付いているのだそうで、目的地に近付いたら、これらの表示を見ながら加算されるタイミングの少し前に "ここでいいです" といえばいい訳です。"何故止まる寸前にメーターが上がるの?" チョット不快な気分になったりしたことあったかもしれませんが、これでそうしたことはなくせますね(笑)

ちなみにタクシーメーターには "鎖のようなもの" が付いていたりしますが、これは年に1度メーター検査を行うよう義務付けられていて、検査をクリアした後 "乗務員が意図的にいじることが出来ないよう封印してある" 為だそうです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック