グリコ「クラッツ <レモンで仕上げた唐揚げ味>」

グリコは8月頃までの期間限定ですが、6月9日 "歯ごたえのよさとのどの渇きを誘う味わい" というグリコ「クラッツ」 <レモンで仕上げた唐揚げ味>を発売するとアナウンスしています。

画像

商品としては「ビールのおつまみとして定番である唐揚げの味に仕上げるために、しょうがや醤油などの唐揚げならではの味付け原料を使用し、旨みを凝縮した濃厚な味わいを実現しました。さらにレモンを加えることによって、唐揚げにレモンを絞ったような爽やかな風味が味わえます。」ということですが、以前に

唐揚げにレモンが添えられることが多いからか、"レモン汁をかけるのは常識" と思っている方は意外と多いようで、居酒屋などでテーブルに運ばれてきた唐揚げに(本人は気を使っているつもりなのでしょうが ) "いきなりレモンをかける" 方がいたりして、さすがにこれはどうかなと思います。お好みで美味しくいただくということが食べ方の基本でしょうし、最低限かけるかどうか聞くことくらいはして欲しいと思ったりもします。

画像

と書かせてもらっていて "レモンを絞るありき的発想はどうかなぁ" という気がしないでもありません。

ただ通常であれば、レモンパウダーを別途添付するなど "お好みでどうぞ的スタイルにして欲しかったよねぇ" などと思ってしまうところですが "レモンを絞ったような味わい" 以上に、パッケージに表示されている "軟骨唐揚げ食感" は気になります。

"何がそう感じさせるの?" 軟骨好きとしては "試さない訳にはいかないよねぇ" 発売後 "確認しなくては"・・・です。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック