”無線LANただ乗り"

昨日新聞を見ていて以下記事が目に止まり

近所の無線LANを勝手に使う「ただ乗り」をしたとして、電波法違反(無線通信の秘密の窃用など)の疑いで、不正アクセス禁止法違反罪などで公判中の男が警視庁サイバー犯罪対策課に再逮捕された。

無線LANは通常、パスワードによってアクセスが制限・データも暗号化されているハズですし "パスワード・暗号化が設定されていなかったのだろう" と思ったら、どうやらそうではないようで

"パスワードは設定していた" ものの暗号化は、巷で "もはや暗号とはいえない" ともいわれている「WEP」(Wired Equivalent Privacy)を使っていて「雑紙の付録についてきた解析用ソフトを使って暗号を解読し、パスワードを盗んでアクセスした」ということのようです。

ちなみに以下は、Windows「ネットワークに接続」画面を使い近所のワイヤレス接続されいる状態を表示させたものですが、さすがに "セキュリティ設定されていない" 方はいないものの "セキュリティとして何が使われているのか" カーソルを乗せると表示されるので確認してみると「WEP」設定されている方がいて

画像

余計なお世話でしょうが、つい "大丈夫ですか?" と心配してしまいます。なおセキュリティ設定方法についてはNET上で検索すれば直ぐに見つかりますのであえて触れませんが、自動設定でWEPになったりすることもあるようですので "自分で設定したことがない" という場合 "確認した方がいい" ように思います。

追記:
もしかしたら "ニンテンドーDSなど古い無線LAN対応機器を使っているのでWEPはやむを得ない" という場合もあるかもしれませんが、最近ではそうした機器用に別途専用のネットワークを作ってくれる無線LANルーターもあると聞きますし "WEP機器も使えセキュリティも強化したい" ということであれば(我が家の場合WEP対応だけの機器はありませんので使い勝手等詳細は分かりませんが)そうした無線LANルーターに取り替えるのも手・・・かもしれません。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック