"第一勧業銀行なんですよねぇ・・・"

2002年(平成14年)4月1日第一勧業銀行・富士銀行・日本興業銀行が合併し誕生した「みずほ銀行」ですが、私が現在所有しているキャッシュカードはこれです。

画像

もしかしたら "今は使えないんじゃないの?" と思われるかもしれませんが、そんなことはなく "今も現役" です。通常ならICカードに変更するところですが

画像

今となっては "レア感" もあって変えようという気にならず使い続けている訳です(笑)

ただみずほ銀行が歩いて行けるような近くにないこともあってコンビニのATMを使うことが多く、実は長い間取引内容について記帳が出来ていません。そこで "NET上で取引内容を含め残高照会をしようかな" とアクセスしてみましたが、当然本人確認を含め登録作業をすることになり、入力項目については

画像

1 店番号を入力する
2 取引種類を選択し、口座番号を入力する
3 お名前・生年月日を入力する
4 キャッシュカード暗証番号を入力する
5 通帳最終残高を入力する

ということで、1番目から3番目は致し方ないとしても、4番目の "キャッシュカード暗証番号を入力する" については "ソフトキーボードを使う" (スパイウェア対策として指でキーボードを押すのではなく画面上に表示されたキーボードをマウスでクリックし暗証番号等入力を行う)方法が記載されているものの "詐欺メール" などで入力を求められる項目ということもあり "チョット躊躇" してしまうところです。

画像

それと5番目の "通帳最終残高を入力する" というのは、あくまでも通帳に記載されている残高のことで、記帳していないと実際の残高とは異なり通帳が手元にないと分かりませんし、入力項目として(私は)見掛けたことありませんし "チョット珍しいよねぇ" と思ってしまいます。

画像

さて以上の5項目登録すべきかどうか・・・サイト内で不審な点はないものの "キャッシュカード暗証番号入力" についての不安は解消されないまま・・・しばらく迷った末「登録後直ぐに取引内容・残高照会を表示させ、手元にあったキャッシュカード利用明細と照らし合わせ、内容に問題があれば銀行に連絡すればいいか」ということで "登録を選択" 結果として特に問題はありませんでしたので安心はしましたが、4月に(私は口座を持っていないので直ぐに怪しいと気付きましたが)"新生銀行を装った詐欺メール" があったばかり、パスワード・暗証番号入力を求められた場合注意しなければ・・・ですね。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック