"PC内部時計の調整"

「平成27年(2015年)7月1日(水)午前8時59分59秒と午前9時00分00秒の間に "8時59分60秒" を挿入します。」ということで3年ぶりに「うるう秒」の調整が行われますが、ふと "使用しているPCの内部時計の誤差は今どれくらいなのかな?"

画像

「情報通信研究機構」 の以下ページで確認してみたところ

画像

"0.1秒の遅れ" ということで調整するほどの誤差ではありませんが、分かってしまうと性格かもしれませんが(笑)気になるもので "調整しなくては" とやってみました。手順は以下の通りで

①右下ツールバーの時計をクリックし「カレンダーと時計」を表示させ「日付と時刻の設定の変更」をクリック

画像

参考:時計を右クリックし「日付と時刻の調整」を選ぶことで以下「日付と時刻」を表示させる方法もあります。

②表示された「日付と時刻」から「インターネット時刻」を開き[設定の変更] をクリック

画像

③表示された「インターネット時刻設定」で「自動的にインターネット時刻サーバーと同期する」にチェックを入れ、時刻サーバーは "time.windos.com" のままで問題ないので、そのまま「今すぐ更新」をクリック

画像

④「同期しました」と表示された後「OK」をクリックし完了となります。

念の為先の 「情報通信研究機構」 ページで今一度確認してみると

画像

"合っています" と表示され、この作業で誤差修正されたことが分かります。

なお、手順内で "自動的にインターネット時刻サーバーと同期するにチェックを入れる" としているのは、同期を実行するためにインターネット接続が必要ですが、チェックを入れることで1週間に一度更新され以後調整を不要とする為です。「うるう秒」調整も近いことですし、一度確認しておくのもいい・・・かもしれません。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック