"手榴弾のような形をした香水の瓶で避難騒ぎ・・・"

6月30日アメリカはオハイオ州でのこと

シンシナティの裁判所を訪れた女性が持ち込んだスーツケース内に不審物が発見されたとして、人々が建物外に避難という騒ぎがありましたが、実は不審物と思われたのは手榴弾のような形をした香水の瓶だった・・・

画像

という出来事があり、某ニュース記事では

手荷物検査時に爆発物探知犬が反応し、爆弾処理班も出動、裁判所は終日閉鎖された。探知犬がなぜ反応したかは不明。

とも伝えられ、これだけだと "爆発物探知犬が誤って反応した" ように思ってしまいますが、いくつかの記事を読んでみると

セキュリティスクリーニング(空港手荷物X線検査のようなものだと思われる)で手榴弾らしきものが見つかり、爆発物探知犬や爆弾処理のスタッフが急行したところ、たまたま探知犬も反応した。

ということのようで、少し面白おかしく伝えようとする "いたずら心が働いた?" そんな風に見えてしまいす。

ただこの女性・・・

画像

"ヒジャーブを身に着けているのでイスラム教徒" "裁判所に来るのにスーツケースを2つは変"

画像

ということで、保安官が "過剰に反応してしまった部分もあるのでは?" とも思われ、個人的には "そうした反応をせざるを得ない世の中なんだよね" とあらためて考えさせられる・・・出来事でもあります。

ちなにみスーツケースを2つ持っていたのはホームレス生活を続けていていることで衣類などを持ち歩くのに必要だったというこのようです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック