"ピンクグレープフルーツとルビーグレープフルーツの違いって何?”

グレープフルーツがダイエットに効果的で "ジュースを飲むだけでも体重が減少する" などという話を耳にし、友人たちとグレープフルーツについて話していた際のことですが "ピンクグレープフルーツとルビーグレープフルーツの違いって何だろうね?" となったものの "誰も答えられないまま終わってしまった" ことがあります。

画像
(ピンクグレープフルーツ:Wikipediaより)

ただ、その後特に話題にならなかったこともあり "スッカリ忘れてしまっていた" のですが、たまたま昼食で添えられていたピンクグレープフルーツを見て "そういえば" と思い出し、調べてみて分かったのが以下内容です。

ピンクグレープフルーツとルビーグレープフルーツの果肉の色合いは、ピンクグレープフルーツが "カロテノイド(ビタミンA)" 、ルビーグレープフルーツは "リコピン" によるもので

カロテノイドは、動植物に含まれる赤や黄色の色素で、βカロチンに似た構造を持ち、優れた抗酸化作用を持ち "美肌やシミ予防、目の健康やガン予防" に

リコピンは、人の血中に検出されているカロテノイドの一種ではあるものの、ビタミンAとしての活性は持たず紫外線やストレスなどの感情の起伏によって体内で発生する "活性酸素の働きを低下させさせる" 働きがある


ということだそうで、色合いだけではなく "効能にも違いがある" ようです。ちなみに紫外線量の多いこの季節になるとルビーグレープフルーツを使った商品を見掛けたりもしますが "なるほど、そういうことだったのかぁ" と今更ではありますが納得というか "スッキリ" です。

参考までに8月1日Pascoから発売された「ルビーグレープフルーツケーキ」は

画像

果肉入り "スタールビーグレープフルーツジャム" を果汁入りの蒸しケーキに絞りました。冷やしてもおいしくお召し上がりいただけます。

画像

という商品ですが、ルビーグレープフルーツとスタールビーグレープは同じように "苦みと酸味が少ない" という特長を持っているものの、果肉はルビーが "赤みのあるピンク色" スタールビーが "濃い赤色" で "甘みはスタールビーの方が強い"・・・そうです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック