”新潟の「タレかつ丼」・・・"

地元では "知らない人はいない" であろう新潟市で誕生した「タレかつ丼」

画像

誕生したのは、昭和初期のこと。当時、市内中心部には堀があり、その堀端に出ていた洋食屋台の一つが提供したのが始まり。一般的な卵とじタイプではなく、揚げたてのトンカツを醤油ベースのタレにくぐらせ、ごはんの上に乗せるというもの。薄めの衣のカツと程よい甘さがある醤油ダレが絶妙にマッチしてごはんが進み、一口また一口とカツをほおばってしまう。

というような内容で観光協会などでは紹介されていますが、少し補わせてもらうと

昭和20年代新潟市の中心部は堀が巡らされ(1964年新潟国体を機に埋められ今は道路になっている)堀の縁にはさまざまな屋台が軒を連ね、現在の西堀6番町「とんかつ太郎」創業者である故小松道太郎氏が引く屋台もそこにあり

画像

当時モダンな料理だった "かつレツを醤油ダレにくぐらせご飯の上に乗せ提供していたかつ丼" のことを "タレかつ丼" といい

作りとしては "豚肉の筋を念入りに叩き柔軟で薄くし、きめ細かなパン粉で覆い油で揚げた後、甘辛い醤油ベースのタレに浸し丼の白飯上に乗せた" もので "肉の柔らかさと衣の細かさ" から "衣が剥離することなくサクッとした歯ごたえでいただける新潟オリジナルのかつ丼" のことです。


ちなみにお店でいただく際 "蓋がされた状態" で出され、タレかつが白飯を完全に覆ってしまうことから、蓋を "白飯を食べる際タレかつ仮置き場として使ったり" もしますが

タレかつが "上だけではなくご飯の下にも2枚という特製カツ丼" をオーダーしてしまうと

画像

蓋が閉まらなかったりするものの(笑)

画像

蓋については "衣の食感を少し柔らかくし(蒸らし効果)口当たりをよくする" という目的もある・・・ようです。

追記:
新潟の空港・駅などで土産売場を覘くと "県外の方にとっては珍しいかも" という "タレかつ丼風味の柿の種" を見掛け、地元としては "あって当然だよね" という商品ですが

画像

画像

"醤油ダレの再現度はそこそこ高く" "ビールのおともとしてもGood"

画像

新潟土産のひとつとして "亀田柿の種ピーナッツ入りタレかつ丼風味" は "オススメ"・・・です。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック