東洋水産「マルちゃん 大島 味噌ラーメン 111g(麺80g)」試食

3月25日発売の東洋水産「マルちゃん 大島 味噌ラーメン 111g(麺80g)」です。

画像

商品特徴及び原材料。栄養成分は以下の通りで

■商品特徴

画像


講談社発行「業界最高権威TRY ラーメン大賞2014-19」の「名店部門 みそ」で1位獲得・5連覇の人気店である大島監修の食べごたえのある麺に豚の旨味をベースとし生姜・唐辛子・山椒・にんにくを利かせた濃厚感と深みのある味噌味のスープがマッチします。

■原材料

画像

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、しょうゆ、卵白)、添付調味料(みそ、香味油脂、香辛料、食塩、植物油、ポークエキス、砂糖、粉末野菜、豚脂、発酵調味料、たん白加水分解物)、かやく(味付挽肉、たまねぎ、メンマ、ねぎ) / 加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、増粘多糖類、炭酸カルシウム、かんすい、クチナシ色素、酸化防止剤(ビタミンE、ローズマリー抽出物)、カラメル色素、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)

■栄養成分 1食(111g)当たり

画像

エネルギー498kcal たん白質 11.4g 脂質22.3g 炭水化物63.0g 食塩相当量7.0g(めん・かやく2.8g  スープ 4.2g) ビタミンB1 0.46mg ビタミンB2 0.51mg カルシウム211mg

蓋の上に "後入れの特製油" が乗り

画像

カップ内には "麺と粉末スープの他かやくである味付挽肉・たまねぎ・メンマ・ねぎ" が入れられ

画像

"熱湯を注ぎ4分" 仕上げに "後入れの特製油を投入することで完成" となり

画像

いただいてみると、特製油のややとろみが加わったスープは "豚の旨みを感じさせるとんこつ感" をベースに "生姜・唐辛子・山椒・ニンニク" を効かせ "短期熟成の白味噌を合わせた" であろう "とんこつ味噌味" に仕上げられ

画像

麺は "縮れのついたむちっとした弾力のある(丸麺とされるも丸刃でカットされた口当たりの優しい平打ち麺に近い)太い油揚げ麺" を使い、縮れの強さが "豚の旨み・ニンニクが主張するスープと上手く絡ませる" だけでなく "油揚げ麺臭を気にさせずスープとの相性のよさ" を生み

画像

かやくについては"スパイシーな味付けが施された(細切れチャーシューにして欲しかった気がするも)そこそこの量の挽肉" をメインに "大きめにカットされたメンマ" "彩りを添えるねぎ" "キレのある食感と風味へと案内してくれるかのようなアクセントとしても働くたまねぎ" で構成され

画像

感想としては "生姜・唐辛子・山椒・ニンニクのパワー不足" "油揚げ麺であるがゆえの限界" "チャーシュー・メンマ・白ねぎ・生姜・隠しトッピングともいえるニンニクで炒めた細もやし・玉ねぎからなるかやくの違い" など "本家と比べ物足りなさを感じなくもない" けれど

画像
(大島 味噌ラーメン)

"赤味噌に比べ塩分濃度が低く麹の糖分による甘みのある白味噌感と豚脂の旨みがライスとともにいただくことを推奨するようでもある味噌ラーメンだね" という印象です。

画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック