小岩井乳業「生乳(なまにゅう)100%のむヨーグルト 145g」試飲

3月26日発売の小岩井乳業「生乳(なまにゅう)100%のむヨーグルト 145g」です。

画像

商品特徴及び種類別名称・原材料・栄養成分は以下の通りで

■商品特徴

画像

忙しいとき・ゆったりと過ごしたいときなどいつでものみやすく味わい深い生乳100%と生きて腸まで届く1本当たり40億個以上の生きた乳酸菌(BB-12)が入ったのむヨーグルトです。独自のスムージング製法によりほどよい酸味とすっきりした後味を生み出しました。砂糖・香料・安定剤無添加のため、「乳」そのままのコクとおいしさがお楽しみいただけます。

■種類別名称・原材料

画像

種類別名称:発酵乳(無脂乳固形分8.3%・乳脂肪分3.5%)
原材料:生乳(国産)

■栄養成分 1本(145g)当たり

画像

エネルギー93kcal たんぱく質4.6g 脂質5.3g 炭水化物6.7g(糖類5.4g) 食塩相当量0.14g カルシウム157mg

1984年誕生の同社「生乳100%ヨーグルト」をベースとする

画像
(生乳100%ヨーグルト)

ドリンクバージョンである「2011年9月:100%あまくないのむヨーグルト」「2016年3月:生乳100%砂糖不使用のむヨーグルト」の後継にあたり

画像
(あまくないのむヨーグルトと砂糖不使用のむヨーグルト)

蓋を開けグラスに注ぎいただいてみると "容器に入れた後に発酵させる後発酵製法" ではなく "生乳と乳酸菌を専用タンクの中で発酵させる前発酵製法で製造を行い同じタンク内でヨーグルトを攪拌し得られるなめらかさ" を特徴とする「生乳100%ヨーグルト」を超える

画像
(生乳100%ヨーグルト)

(弱い圧力で攪拌する小岩井独自のスムージング製法が生む)"とろけるようななめらかさ" を持ち

画像

「生乳100%ヨーグルト」にも似た "柔らかな口当たり" とともに "砂糖・香料・安定剤などを使わないことがここまでナチュラルな味わいを生むのかと(今更ながら)納得する" ことになる "スッキリとした酸味と生乳が持つ微かに甘さをともなうコクが広がる" "ヨーグルト本来の味わいをしっかりと感じさせてくれている" ように思われ

画像

感想としては "季節により生乳の脂肪率が異なり" 生乳100%へのこだわりが "味わい維持する難しさに立ち向かわせることになる" けれど "小岩井農場を母体として持つ同社ならではの積み重ねてきたノウハウが活かされているのだろうな" という印象です。

画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック