亀田製菓「手塩屋ミニ レモンペッパー味 55g」試食

3月25日発売の亀田製菓「手塩屋ミニ レモンペッパー味 55g」です。

画像

商品特徴及び原材料・栄養成分は以下の通りで

■商品特徴

画像

瀬戸内産レモン粉末使用。爽やかなレモンの香りとピリッときいた胡椒の辛みが手塩屋ならではのだしの旨さを引き立て、とまらないおいしさです。

■原材料・栄養成分

画像

原材料:米(うるち米(米国産、国産)、もち米(タイ産))、植物油脂、食塩、魚介エキス調味料(小麦・大豆・豚を含む)、香辛料、粉末しょうゆ(小麦・大豆を含む)、レモンパウダー、砂糖、ガーリックオイル、ぶどう糖、でん粉、カツオ節粉末、調味料(アミノ酸等)、香料、植物レシチン(大豆由来)、酸味料、加工でん粉、ウコン色素

栄養成分 1袋(55g)当たり:エネルギー237kcal(1枚当たり21kcal) たんぱく質4.0g 脂質5.2g 炭水化物43.6g ナトリウム358mg(食塩相当量0.91g)

手塩屋で瀬戸内産レモンを使ったということでは、昨年3月に登場した "瀬戸内産レモン粉末を100%使用!瀬戸内の暖かな陽射しをいっぱいに浴びて育ったレモンと手塩屋自慢のだしと塩味が相まった爽やかな香りが後引くおいしさです" とする「手塩屋ミニ 塩レモン味 55g」を思い出しますが

画像
(手塩屋ミニ 塩レモン味 55g)

袋を開けいただいてみると "一見直径約5㎝の普通の煎餅" であるも "爽やかなレモンの香りを漂わせ"

画像

"ぶくっとしたふくらみ(空洞)が歯応えにアクセントを与える手塩屋らしいほろっとほぐれる食感" に続き

画像

"こんがりとした香ばしさ" と "カツオ節・魚介エキスによるだしの風味" が広がり、更に噛みしめることで "レモンを塩漬けにした万能調味料として知られる(食欲をそそるようでもある)塩レモンにも似た爽やかさ" "ほどよくピリッとした辛さの胡椒" "にんにくをオリーブオイルに漬けた風味豊かなガーリックオイル" などが加わる "おやつというよりおつまみ的味わいに仕上げられている" ように思われ

画像

個人的には "ビールのオトモにピッタリなレモンペッパー味仕立ての手塩屋だね" という印象です。

画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック