カルビー「ポテトチップス シーチキンマヨ味 55g」試食

3月25日(コンビニ以外は4月8日)発売のカルビー「ポテトチップス シーチキンマヨ味 55g」です。

画像

■商品特徴

画像

ツナ缶詰シェアNO.1はごろもフーズのシーチキンとのコラボレーション商品です。シーチキンの旨みにマヨネーズを加えてまろやかに仕上げた、コクのある味わいのポテトチップスです。

■原材料

画像

じゃがいも(遺伝子組み換えでない)、植物油、食塩、ぶどう糖、コーンスターチ、オニオンパウダー、デキストリン、粉末植物油脂、砂糖、粉末卵黄(卵を含む)、ツナパウダー、粉末酢、酵母エキスパウダー、チキンパウダー、マヨネーズ風味パウダー(ごまを含む)/ 調味料(アミノ酸等)、酸味料、香料(乳成分・小麦・さけ・大豆を含む)、カラメル色素

■栄養成分 (1袋55g当たり)

画像

カロリー:304kcal たんぱく質3.1g 脂質19.1g 炭水化物30.0g 食塩相当量0.7g

ツナというと "マグロをイメージしがちながら(学術的には)カツオ" も含まれ "味が鶏肉のささみに似ていることから名付けられたシーチキン" にも "きはだまぐろのシーチキンL" "かつおのシーチキンマイルド" などがあり

画像
(油漬タイプのシーチキンLとシーチキンマイルド)

カルビーからは、2013年に "きはだまぐろ・まぐろ節エキス・食塩・まぐろエキスからなる水煮タイプ" である「素材そのままシーチキンLフレーク」を使った "シーチキンマヨ味が登場" していますが

画像
(素材そのままシーチキンLフレーク)

画像
(2013年 ポテトチップスシーチキンマヨ味 73g)

今回は "きはだまぐろ・食塩・調味料(アミノ酸等)”を原料とする「シーチキンSmile水煮Lフレーク」が選択され

画像
(シーチキンSmile水煮Lフレーク 60g)

開封しいただいてみると "マヨネーズを強めに合わせた(サンドイッチに挟みたくなるような)シーチキンマヨの香り漂う" "薄くスライスされたパリッとした軽い食感とほどよい塩加減" に続き

画像

"さほど濃い味付けが施されてはいない" ものの "独特の旨味とコクを持つ大豆油・まぐろ節・まぐろエキスなどの手助けを借りることなく(粗く砕きサラダなどの素材として使ってもいいかもしれない)シンプルさを見せるシーチキン" と "マヨネーズの卵感・酸味" を主軸に

画像

"オニオンパウダー・鶏の風味がまろやかさを生むチキンパウダー" などが裏方として加わる "飽きを感じさせない味わいに仕上げられている" ように思われ

画像

感想としては、2013年と比べ(マヨネーズ風味パウダーが加わったこともあり)"マヨネーズ感が増している" けれど "シーチキンマヨを作る際の秘訣のひとつである油分を絞る" とする手順を "大豆油など含まないシーチキンSmile水煮Lフレークシーチキンが担っているようだね" という印象です。

画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック