明治「大粒アポロ 濃とろ苺 44g」試食

9月17日発売の明治「大粒アポロ 濃とろ苺 44g」です。

明治大粒アポロ濃とろ苺01.jpg

ニュースリリースなどでは

1969年8月に発売した「アポロ」は、そのかわいらしい形や、苺チョコとミルクチョコの絶妙な組み合わせで、多くのお客さまからご好評をいただくロングセラーブランドです。

1969年誕生時明治アポロチョコ.jpg
(1969年誕生時のアポロチョコ)

今回、その発売50周年を記念して、本格的な苺の風味が楽しめる「大粒アポロ濃とろ苺」を発売します。

明治大粒アポロ濃とろ苺02.jpg

苺のフリーズドライを練りこんだ苺チョコと苺由来の粒々入りホワイトチョコで、甘酸っぱい苺ソースを閉じ込めました。

明治大粒アポロ濃とろ苺03.jpg

食べたときに、とろりとした苺ソースがあふれ出し、ジューシーな苺の風味をお楽しみいただけます。

とアナウンスされ、原材料・栄養成分については以下内容となり

明治大粒アポロ濃とろ苺04.jpg

原材料:砂糖、ココアバター、乳糖、水あめ、全粉乳、植物油脂、いちごパウダー、脱脂粉乳、洋酒 / ソルビトール、乳化剤、酸味料、香料、酸化防止剤(V.C、V.E)、紅麹色素、(一部に乳成分・大豆を含む)

栄養成分1箱(44g)あたり:エネルギー237kcal、たんぱく質1.5g、脂質13.8g、炭水化物26.8g、食塩相当量0.04g

箱の中には "個装されたチョコが7個" 入れられ

明治大粒アポロ濃とろ苺05.jpg

包装を外した際 "苺チョコとホワイトチョコの二層構造・高さ約2.5㎝" のアポロチョコから "爽やかな甘酸っぱい苺の香り" が広がり

明治大粒アポロ濃とろ苺06.jpg

いただいてみても "酸味と香りをしっかりと持つフリーズドライ苺をパウダー状にし練り込んだ" 苺チョコと "苺の粒入りでまったりとしたミルキーさを見せる" ホワイトチョコが "苺ミルクをイメージ" させるだけでなく "しっかりと酸味を効かせたとろりと流れ出す" 苺ソースが "フルーティーさ溢れる味わいへと向かわせ苺づくしともいうべき贅沢な仕上がりを見せてもいる" ように思われ

明治大粒アポロ濃とろ苺07.jpg

感想としては "植物ホルモンを送り可食部を肥大させる粒を含め生換算50%の苺を使っている" こともあるけれど "リアルに苺の風味を楽しませてくれるアポロチョコだね" という印象です。

画像

この記事へのコメント