森永製菓「ダース ホワイト&ルビー 12粒」試食

11月26日発売の森永製菓「ダース ホワイト&ルビー 12粒」です。

森永製菓ダースホワイト&ルビー01.jpg

商品特徴・原材料・栄養成分については以下内容となり

森永製菓ダースホワイト&ルビー02.jpg

商品特徴:2種類の味わいが口どけと共に混ざり合う、今だけのプレミアム品質。コクのあるホワイトチョコレートの口どけと共に程よく酸味のあるルビーチョコレートの味わいが広がります。

森永製菓ダースホワイト&ルビー03.jpg

原材料:砂糖、植物油脂、ココアバター、全粉乳、乳糖、ホエイパウダー、カカオマス、脱脂粉乳、バターオイル / 乳化剤(大豆由来)、酸味料、香料

森永製菓ダースホワイト&ルビー04.jpg

栄養成分 1粒(標準3.5g)当たり:エネルギー:22kcal、たんぱく質0.17g、脂質1.6g、炭水化物1.7g、食塩相当量0.006g

箱の中には "紙製トレイに乗ったチョコが12粒" 入れられ

森永製菓ダースホワイト&ルビー05.jpg

味わいとしては "カカオマスに含まれている口溶けのよい油分を主体にココアバターの褐色部分である苦味を除きミルクなどを合わせ作られる甘さが目立つホワイトチョコレート" に続き

森永製菓ダースホワイト&ルビー06.jpg

"厳選されたカカオ豆ルビーカカオを原料とする着色料を一切使わないカカオ由来の鮮やかなピンク色をしたベリーのようなほどよい酸味を持つルビーチョコレート" が加わる感じながら

森永製菓ダースホワイト&ルビー07.jpg

"ルービーチョコの24℃前後で溶け出す融点の低さがルビーチョコの爽やかな酸味⇒ホワイトチョコのミルキーな甘さへとクドサを感じさせかねない口溶け順を持たせてしまうことからルービーチョコをホワイトチョコが包む形状を選択した" と考えられますが "融点の低さが口溶けの早さを生むルビーチョコがホワイトチョコからのバトンを素早く受け取り一気に融和させ2層タイプでは難しい一体となった味わいを見せてくれてもいる" ように思われ

森永製菓ダースホワイト&ルビー08.jpg

感想としては "販売戦略上ルビーチョコの存在を見た目でもアピールすべきかもしれない" けれど "味わいを優先・妥協することなく仕上げられたダースだね" という印象です。

画像

この記事へのコメント