不二家「ルック宝石ショコラ ルビーカカオ 10枚」試食

12月17日発売の不二家「ルック宝石ショコラ ルビーカカオ 10枚」です。

不二家ルック宝石ショコラルビーカカオ01.jpg

商品特徴・原材料・栄養成分については以下内容となり

不二家ルック宝石ショコラルビーカカオ2.jpg

商品特徴:ベリーのように甘酸っぱく、インパクトのあるピンク色のルビーチョコレートにフィアンティーヌを組み合わせた、繊細な食感に仕立てたショコラです。

不二家ルック宝石ショコラルビーカカオ03.jpg

原材料:砂糖、ココアバター、全粉乳、脱脂粉乳、ドライクレープ(乳成分・小麦を含む)、植物油脂、カカオマス、バターオイル / 乳化剤(大豆由来)、pH調整剤、香料、クチナシ色素

栄養成分 1枚(標準5.5g)当たり:エネルギー33kcal、たんぱく質0.3g、脂質2.2g、炭水化物2.9g、食塩相当量0.01g

ピンクを基調としたデザインのパッケージ内には "個包装されたルビーチョコが10枚" がセットされ

不二家ルック宝石ショコラルビーカカオ04.jpg

いただいた感じでは "スイスに本社を置くチョコレートメーカーのバリー・カレボー社が開発したダーク・ミルク・ホワイトに次ぐ約80年ぶりの新ジャンルとなる厳選されたカカオ豆ルビーカカオを原料" とする

ルビーカカオ.jpg
(ルビーカカオ 出典:Barry Callebaut)

"カカオ由来の鮮やかなピンク色を見せ (ココアバターにミルク・砂糖などを加えて作られる) ホワイトチョコに似たミルキーさにベリー系の酸味をほどよく合わせたようなスッキリとした味わいと24℃前後の融点の低さがなめらかな舌触りをもたらす一辺が約3㎝のルビーチョコレート" をメインに

不二家ルック宝石ショコラルビーカカオ05.jpg

"原材料中のドライクレープである薄く焼いたクレープを細かく砕いたフィアンティーヌのシャリシャリ感を合わせ(コストの問題・作り手のこだわりなどが考えられますが)ルビーチョコの提供だけで終わらない味わいを目指し仕上げられている" ように思われ

不二家ルック宝石ショコラルビーカカオ06.jpg

最近では、洋菓子店においてショートケーキなどで見掛けたりもしますが

ルビーカカオクリームのケーキフランボワーズ仕立て.jpg

"今後の展開が気になるというか楽しみなルビーチョコだね" という印象です。

画像

この記事へのコメント