チロルチョコ「さくらもち 1個」試食

3月18日発売セブンイレブン限定のチロルチョコ「さくらもち 1個」です。

チロルチョコさくらもち01.jpg

商品特徴・原材料・栄養成分については以下内容となり

チロルチョコさくらもち02.jpg

商品特徴:上品な桜の香りが広がる桜の花びらパウダー入りチョコと小豆風味ペーストを合わせもちグミとともにさくらもちの味わいを再現したチロルチョコです。

チロルチョコさくらもち03.jpg

原材料:砂糖、乳糖、植物油脂、ココアバター、全粉乳、水飴、小豆風味ペースト、還元水飴、ゼラチン、さくらパウダー、でん粉、もち粉 / トレハロース、ソルビトール、着色料(野菜色素、紅麹、コチニール、炭末)、乳化剤(大豆由来)、安定剤(でん粉)、香料、加工でん粉、光沢剤、pH調整剤

チロルチョコさくらもち04.jpg

栄養成分 1個当たり:エネルギー54kcal、たんぱく質0.4g、 脂質2.9g、炭水化物6.9g、食塩相当量0.020g

いただいてみると、今年1月に登場した "桜もちチョコに桜葉塩漬けパウダーを混ぜ桜の葉の香りと塩味を忠実に再現したとする7個入りの袋タイプ" と比べ

チロルチョコさくらもち袋.jpg
(チロルチョコ さくらもち 袋)

"桜餅の皮をイメージさせる弾力のあるもちグミはそのまま" であるも、桜もちチョコの "桜葉の爽やかな香りを特徴とする桜葉塩漬けパウダーを花びらだけを集め塩漬けした桜の花びらパウダーへと変更したことが桜そのものの味・色・香り" をもたらし

チロルチョコさくらもち05.jpg

"底面に敷かれたカカオ豆を焙煎し種皮を取り除き細かくすりつぶしたカカオマスに小豆を合わせた小豆風味チョコに替えセンターに注入した小豆風味ペーストがリアルな小豆感を生む" など

チロルチョコさくらもち06.jpg

"底面の小豆風味チョコが桜もちチョコとなり桜の風味が増している" ことを含め "これまで以上に桜餅らしさをしっかりと味わせてくれている" ように思われ

チロルチョコさくらもち07.jpg

個人的には "小麦粉を水で伸ばし薄く焼き上げた皮でクレープ状に餡を包んだ長命寺タイプよりももち米を蒸して乾燥させ粗挽きにした粉で皮を作り饅頭のように餡を包んだ道明寺系が好みということもあり餅皮のつぶつぶ感が欲しくなったりもする" けれど

長命寺と道明寺.jpg
(桜餅 左:長命寺 右:道明寺)

"桜餅の風味を見事に再現した緑茶が似合うチロルチョコだね" という印象です。

画像

この記事へのコメント