森永乳業「ピノ 宇治抹茶 あずき仕立て 60ml(10ml×6粒)」試食

3月23日発売の森永乳業「ピノ 宇治抹茶 あずき仕立て 60ml」です。

森永乳業ピノ宇治抹茶あずき仕立て01.jpg

ニュースリリースなどでは

森永乳業ピノ宇治抹茶あずき仕立て02.jpg

日本一予約が取りづらいといわれる日本料理「くろぎ」主人の黒木純氏とのコラボレーション商品第2弾です。

森永乳業ピノ宇治抹茶あずき仕立て03.jpg

こしあんを練りこんだ宇治抹茶アイスを、口どけの良い宇治抹茶チョコでコーティングしました。抹茶には旨みとまろやかな味わいが特長の宇治抹茶を、こしあんには北海道産のあずきを使用しています。また、パッケージでは京都の老舗手ぬぐい屋「永楽屋」ともコラボレーションし、オリジナルの絵柄をあしらった3種類のデザインを展開します。

森永乳業ピノ宇治抹茶あずき仕立て04.jpg

とアナウンスされ "無脂乳固形分8.0%・乳脂肪分3.0%・植物性脂肪分5.0%のアイスミルク規格" で、原材料・栄養成分については以下内容となり

森永乳業ピノ宇治抹茶あずき仕立て05.jpg

原材料:乳製品、まっ茶チョコレートコーチング(植物油脂、乳糖、砂糖、乳製品、ココアバター、まっ茶)、砂糖、植物油脂、あん、水あめ、まっ茶 / 乳化剤、安定剤(増粘多糖類)、香料、(一部に乳成分・大豆を含む)

栄養成分 1粒(10ml)当たり:エネルギー32kcal、たんぱく質0.4g、脂質2.0g、炭水化物3.1g、食塩相当量0.01g

老舗手ぬぐい屋「永楽屋」による絵柄を配した箱の中には "あずきの甘さと抹茶の香りがほのかに漂う抹茶色をしたピノが6個と赤のピック" がセットされ

森永乳業ピノ宇治抹茶あずき仕立て06.jpg

いただいてみると "パリッとした食感の後なめらかに溶け出すホワイトチョコにほどよく抹茶のほろ苦さを合わせた抹茶チョコ" に続き

森永乳業ピノ宇治抹茶あずき仕立て07.jpg

"とろけるような舌触り・口溶け感とともに渋みが少なくまろやかな味わいを特徴とする宇治抹茶と(色合いからあずきをイメージ出来ず不思議な気がするも)北海道産あずきを使ったこしあんがWで主役演じる(味わいとして抹茶あずきというべきであろう)抹茶アイス" が加わり

森永乳業ピノ宇治抹茶あずき仕立て08.jpg

余韻として "くろぎ監修ならではの繊細かつ上品な味わいを見せてくれてもいる" ように思われ

森永乳業ピノ宇治抹茶あずき仕立て09.jpg

感想としては、1976年に誕生したピノであるけれど "昨年11月登場の日本料理「くろぎ」とのコラボ第1弾「ピノ 焦がしみたらしキャラメル」" を含め

森永乳業ピノ焦がしみたらしキャラメル.jpg
(ピノ 焦がしみたらしキャラメル60ml)

"常に新しい領域へのチャレンジ忘れることなく進化を続けるピノだね" という印象です。

画像

この記事へのコメント