ロッテ「チョコパイ バスクチーズケーキ 個売り」試食

9月15日発売のロッテ「チョコパイ バスクチーズケーキ 個売り」です。

ロッテチョコパイバスクチーズケーキ01.jpg

"高温かつ短時間で焼き上げた黒く焦げた姿ながら生地内部が(ベイクドでもレアでもない)溶けるような口当たりと柔らかくしっとりとした食感である型破りなビジュアルと濃厚な味わいが人気のバスクチーズケーキをチョコパイ流にアレンジ" したもので

バスクチーズケーキ.jpg
(バスクチーズケーキ 出典:Wikipedia)

ニュースリリースなどでは

「キリ クリームチーズ」を使用したクリームとカラメルソースをしっとりケーキでサンドしてチョコレートでコーティングしました。ケーキとクリームに「キリ クリームチーズ」を使用してバスクチーズケーキらしいコクのあるチーズの味わいと、ほろ苦いカラメルソースの味わいがしっかりと楽しめます。自分へのご褒美に食べたい、ひとりじめしたくなる個売りタイプです。

ロッテチョコパイバスクチーズケーキ02.jpg

とアナウンスされ、原材料・栄養成分については以下内容となり

ロッテチョコパイバスクチーズケーキ03.jpg

原材料:小麦粉、ショートニング、砂糖、カラメルソース(水あめ、カラメルシロップ、ぶどう糖、砂糖)、水あめ、植物油脂、カカオマス、乳糖、全卵、全粉乳、脱脂粉乳、ココアバター、ホエイパウダー、乳等を主要原料とする食品、クリームチーズパウダー、洋酒、食塩、乳製品乳酸菌飲料(殺菌)、でん粉、脱脂濃縮乳、還元水あめ、乾燥卵白、卵黄、乳たんぱく / ソルビトール、酒精、乳化剤(大豆由来)、膨脹剤、加工でん粉、着色料(カラメル、クチナシ)、香料、酸味料、ゲル化剤(増粘多糖類)、増粘剤(セルロース、カラギーナン)、リン酸Ca

栄養成分 1個(標準37g)当たり:エネルギー182kcal、たんぱく質1.9g、脂質10.8g、炭水化物19.5g、食塩相当量0.16

包装を外した際 "チョコでコーティングされた直径約6㎝の生地からカカオ感のある香り" が漂い

ロッテチョコパイバスクチーズケーキ04.jpg

いただいてみても "なめらかに溶け出すミルクチョコとアルコールをほんのりと纏うしっとりしつつほろほろと崩れるケーキ生地" に続き

ロッテチョコパイバスクチーズケーキ05.jpg

"クリーミーでコクのあるキリのクリームチーズ・牛乳を丸ごと乾燥させた全粉乳と乳脂肪を取り除いた脱脂粉乳をブレンドしたほどよいコクとミルク感・全卵による卵の風味・ホエイの乳酸由来の酸味を合わせたクリームとほろ苦さ・焦げ感を持つカラメルソース" が加わり

ロッテチョコパイバスクチーズケーキ06.jpg

"チョコパイらしくミルクチョコとケーキ生地をメインとしながらも舌触りのよいクリームとカラメルソースが口溶けとともにバスクチーズケーキ感をもたらすなど手作り感のある味わいを見せてくれている" ように思われ

ロッテチョコパイバスクチーズケーキ07.jpg

感想としては、今年4月登場の "ほろ苦いココア風味のケーキ生地にキャラメルパウダー入りのチーズクリームを合わせた同社「くちどけにこだわったプチチョコパイ バスクチーズケーキ 4個入」と異なるアプローチ" であるけれど

ロッテくちどけにこだわったプチチョコパイバスクチーズケーキ 4個入.jpg
(プチチョコパイ バスクチーズケーキ 4個入)

"しっとりケーキ生地とクリームが織り成すチーズケーキ感にカラメルソースを合わせるのもアリだね" という印象です。

画像

この記事へのコメント