サントリーインターナショナル「スターバックス クリーミーキャラメルマキアート 200ml」試飲

12月22日発売チルドカップタイプのサントリー食品インターナショナル「スターバックス クリーミーキャラメルマキアート 200ml」です。

サントリーインターナショナルスターバックスクリーミーキャラメルマキアート01.jpg

ニュースリリースやカップ説明などでは

サントリーインターナショナルスターバックスクリーミーキャラメルマキアート02.jpg

スターバックスが厳選したダークロースト豆を使ったコーヒーとミルクに、バニラとキャラメルの香りを合わせ、クリーミーな味わいに仕上げました。新年の華やぐ気分にぴったりの干支デザインカップもお楽しみください。

サントリーインターナショナルスターバックスクリーミーキャラメルマキアート05.jpg

とアナウンスされ、以下原材料・栄養成分を内容とする無脂乳固形分3.8%・乳脂肪分1.8%の乳飲料規格で

サントリーインターナショナルスターバックスクリーミーキャラメルマキアート03.jpg

原材料:生乳(50%未満)(国産)、砂糖、乳製品、コーヒー、食塩/香料、pH調整剤、カゼインNa、乳化剤

サントリーインターナショナルスターバックスクリーミーキャラメルマキアート04.jpg

栄養成分 1本(200ml)当たり:エネルギー122kcal、たんぱく質3.8g、脂質4.0g、炭水化物17.8g、食塩相当量0.29

2021年の干支である「丑」のイラストを配したカップからグラスに移した際 "エスプレッソにスチームミルクを合わせたカフェラテにキャラメルの芳ばしさが寄り添うキャラメルマキアートならではの香り" が漂い

サントリーインターナショナルスターバックスクリーミーキャラメルマキアート06.jpg

いただいてみると、店舗で提供されいる "バニラシロップとスチームミルクにふわふわのフォームミルクを乗せ上からエスプレッソを注ぎ仕上げにキャラメルソースをトッピングした" ものと異なるも

スターバックスキャラメルマキアート.jpg
(出典:スターバックス キャラメルマキアート)

"凝縮されたコクと深みを持つエスプレッソに2019年12月に登場した「キャラメルマキアート 200m」を超えるクリーミーさと加熱殺菌などの処理を行っていない濃厚かつ後味スッキリとした生乳感を持つミルク" が加わり

サントリーインターナショナルスターバックス キャラメルマキアート.jpg
(2019年12月 スターバックス キャラメルマキアート)

香料ながら "ややビターな焦がし風に仕上げられたキャラメルがコーヒー感を引き立て・ほんのり広がるバニラの香りが優しさをもたらす" など "心地いいラテ感とともに豊かな風味と味わいを見せてくれている" ように思われ

サントリーインターナショナルスターバックスクリーミーキャラメルマキアート07.jpg

感想としては "新しい年にふさわしい華やかな気分でいただけるキャラメルマキアートだね" という印象です

画像

この記事へのコメント