森永乳業「ピノ 焦がしみたらしキャラメル 60ml(10ml×6 粒)」試食

11月25日発売の森永乳業「ピノ 焦がしみたらしキャラメル 60ml(10ml×6 粒)」です。

森永乳業ピノ焦がしみたらしキャラメル01.jpg

東京芝大門の東京割烹の名店日本料理「くろぎ」の主人である黒木純氏監修の下 "これまでピノが見せたことのない新しい味わい" に仕上げられ

森永乳業ピノ焦がしみたらしキャラメル02.jpg

商品特徴・原材料・栄養成分については以下内容となり

森永乳業ピノ焦がしみたらしキャラメル03.jpg

商品特徴:なめらかな焦がしみたらしキャラメルアイスを、口どけの良いミルクチョコでコーティングしたひとくちタイプのアイスです。焦がしキャラメルアイスにほど良い塩味と香ばしい風味の醤油を配合することで、焦がしみたらしキャラメルの味わいを表現し、さらに豆乳を配合してすっきりとした甘さに仕上げました。

森永乳業ピノ焦がしみたらしキャラメル04.jpg

原材料:乳製品、準チョコレート、砂糖、豆乳クリーム、水あめ、植物油脂、しょうゆ、食塩 / 安定剤(加工でん粉、増粘多糖類、セルロース)、乳化剤、香料、(一部に乳成分・大豆を含む)

栄養成分 1粒(10ml)当たり:エネルギー33kcal、たんぱく質0.5g、脂質2.1g、炭水化物2.9g、食塩相当量0.04g

和紙をイメージさせるデザインの箱の中には、水色のトレイに乗った "ミルクキーさにみたらしの香りがほのかに寄り添う松ぼっくりから名付けられたピノ6個と青色のピック" がセットされ

森永乳業ピノ焦がしみたらしキャラメル05.jpg

いただいた感じでは "全体をコートするパリッとした食感の後(いつもに比べややゆっくりな気がするも)なめらかに溶け出すミルクチョコ" に続き

森永乳業ピノ焦がしみたらしキャラメル06.jpg

"無脂乳固形分8.0%・乳脂肪分5.0%・植物性脂肪分2.6%のアイスミルク規格" ながら "焦がしみたらしの芳ばしい醤油の風味・ほのかな塩気が甘さを引き立てるキャラメル・とろけるような舌触りと口溶け感を持ち(日本料理風な)深みのある繊細かつ上品さをも感じさせる焦がしみたらしキャラメルアイス" が溶け出し

森永乳業ピノ焦がしみたらしキャラメル07.jpg

"甘ったるさのないスッキリ感を持たせるかのように後味として豆乳" が加わるなど "期待を裏切らない風味豊かな味わいを見せてくれている" ように思われ

森永乳業ピノ焦がしみたらしキャラメル08.jpg

感想としては、ラッキーなことに "ハートピノとの出会い" もありましが

森永乳業ピノ焦がしみたらしキャラメル09.jpg

"アイスの口溶けを待つかのように振舞うミルクチョコが焦がしみたらし感に華やかさを添えてもいる(創作ピノというべきかもしれない)新しいピノの誕生だね" という印象です。

画像

"森永乳業「ピノ 焦がしみたらしキャラメル 60ml(10ml×6 粒)」試食" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。