Pasco「とろけるクリームシフォン」試食

12月1日発売のPasco「とろけるクリームシフォン」です。

Pascoとろけるクリームシフォン01.jpg

商品特徴・原材料・栄養成分については以下内容となり

Pascoとろけるクリームシフォン02.jpg

商品特徴:しっとりふわふわ仕立てのシフォン生地にホイップクリームとカスタードクリームを入れました。たっぷりなめらかなクリームのとろける食感をお楽しみいただけます。冬季限定発売です。

Pascoとろけるクリームシフォン03.jpg

原材料:卵(国産)、砂糖、ミルクホイップクリーム、小麦粉、卵加工品(卵、卵加工品)、カスタードクリーム、植物油脂、糖加工品(ぶどう糖、でんぷん、植物油脂)、加工油脂 / ソルビトール、グリセリン、グリシン、乳化剤、増粘剤(加工デンプン、増粘多糖類)、酢酸(Na)、膨脹剤、pH調整剤、香料、セルロース、着色料(カロチノイド)、酵素、ショ糖エステル、リゾチーム、(一部に卵・小麦・乳成分・大豆を含む)

栄養成分 1個当たり:エネルギー364kcal、たんぱく質6.7g、脂質16.2g、炭水化物47.9g、食塩相当量0.4g

袋から取り出しいただいてみると "直径約10㎝の円筒状生地表面にグラニュー糖を細かくすりつぶし粉状にしたパウダーシュガー" がふりかけられ

Pascoとろけるクリームシフォン04.jpg

"糖類を多めにし保水性の高い水飴や蜂蜜を用いたしっとりとしたカステラと卵白を泡立てたメレンゲによるフワフワ感のあるシフォンを合わせたような食感を見せる生地" に続き

Pascoとろけるクリームシフォン05.jpg

量としてさほど多くないものの "泡立て器やハンドミキサーを用いて空気を多く含み軽くなるまでミルクを泡立てやや強めに甘味を加えたほわっとしたホイップクリームと卵黄・砂糖をよくまぜ小麦粉を加えた後温めた牛乳を少しずつ加えてのばしとろみがつくまで加熱したぽてっとした卵感を持つカスタードクリーム" が加わり "ブラックコーヒー・緑茶などのオトモを前提としているのかそのままいただくには若干甘さが頑張り過ぎながら上手くケーキ感を演出している" ように思われ

Pascoとろけるクリームシフォン06.jpg

感想としては、2014年?以降毎年この時期になると登場する商品" であるけれど

201411Pascoとろけるクリームシフォン.jpg
(2014年11月 Pasco とろけるクリームシフォン)

今回についても "安定した仕上がりを見せるPascoらしいクリームシフォンだね" という印象です。

画像

"Pasco「とろけるクリームシフォン」試食" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。