ロッテ「シャルロッテ 生チョコレート ラムミルク 12枚」試食

12月17日発売のロッテ「シャルロッテ 生チョコレート ラムミルク 12枚」です。

ロッテシャルロッテ生チョコレートラムミルク01.jpg

商品特徴・原材料・栄養成分については以下内容となり

ロッテシャルロッテ生チョコレートラムミルク02.jpg

商品特徴:薄さ約1mmのチョコレートの中に、コク深い口どけのラムミルクの生チョコレートを閉じ込めました。

ロッテシャルロッテ生チョコレートラムミルク03.jpg

パリッと、とろりと、すっととろける、こだわりの生チョコレートです。ちょっと大人のコク深いラムミルクの味わいをお楽しみください。(※洋酒使用アルコール分0.9%)

ロッテシャルロッテ生チョコレートラムミルク04.jpg

原材料:砂糖、ココアバター、植物油脂、全粉乳、生クリーム、カカオマス、乳糖、洋酒、脱脂粉乳、乳等を主要原料とする食品 / ソルビトール、乳化剤(大豆由来)、カラメル色素、香料

栄養成分 1枚(標準5.7g)当り:エネルギー32kcal、たんぱく質0.3g、脂質2.4g、炭水化物2.6g、食塩相当量0.006g

パッケージ内には "個包装された生チョコレートが12枚" 入れられ

ロッテシャルロッテ生チョコレートラムミルク05.jpg

包装を外すと、ゲーテの名作 "青年が婚約者のいる身である女性シャルロッテに恋をし叶わぬ思いに絶望し自殺するまでを描いた「若きウェルテルの悩み」のシーン" をイメージさせる "うさぎ(散歩で出会ううさぎの愛らしさに愛する人への秘めた思いを重ねていました)など6種類のレリーフが施された一辺が約3.2㎝のチョコからほのかにラム酒の香り" が漂い

ロッテシャルロッテ生チョコレートラムミルク06.jpg

いただいてみても "厚さ約1mmのパリッとした食感の後口の温度だけで直ぐに溶け出すなめらかさ・くどさのない甘さ・深みのあるカカオ感など繊細さを見せるミルクチョコ" に続き

ロッテシャルロッテ生チョコレートラムミルク07.jpg

"熟成された甘く華やかな香り・まろやかな口当たり・奥深いコクのある芳醇な味わいを特徴とするラム酒にミルクを合わせたミルクカクテルにも似たまろやかな味わいを持つ生チョコ仕立てのラムミルク" が加わり

ミルクとマイヤーズ.jpg

"ミルクチョコから爽やかなラムミルクへとバトンが渡される際のラム酒の広がりが忙しさに振り回される日常から(ひとときの癒しというべきか)解放してくれている" ようにも思われ

ロッテシャルロッテ生チョコレートラムミルク08.jpg

感想としては、シャルロッテのスペシャルサイトで期間限定公開されている "文春文庫で刊行された作品を持つ(村山由佳著:ダブルファンタジーなど)9名の作家" による

村山由佳ダブルファンタジー.jpg
(左:村山由佳著 一枚文庫版ダブルファンタジー)

"チョコレートにまつわるアナザーストーリー「一枚文庫」を読みながらいただくのもいいかもしれないね"という印象です。

画像

"ロッテ「シャルロッテ 生チョコレート ラムミルク 12枚」試食" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。