テーマ:東宝特撮予告編めぐり

東宝特撮予告編⑲

東宝特撮手持ち作品の予告編をNET上で探して並べてみた。第19弾。 ■さよならジュピター 「さよならジュピター」(英題:Bye-bye, Jupiter)は、1984年3月17日に公開された東宝と株式会社イオの共同製作による作品。当時、石ノ森章太郎ら原案の「宇宙からのメッセージ」などの東映の興行的大失敗により消え掛けていた日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東宝特撮予告編⑱

東宝特撮手持ち作品の予告編をNET上で探して並べてみた。第18弾。 ■ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS 「ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS」は、2003年12月13日に公開されたゴジラシリーズの第27作。本作は、1961年「モスラ」と直接繋がった世界であり(共通人物として小泉博が同じ中條信一役で出演している)、モ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東宝特撮予告編⑰

東宝特撮手持ち作品の予告編をNET上で探して並べてみた。第17弾。 ■ゴジラ×メガギラス G消滅作戦 「ゴジラ×メガギラス G消滅作戦」は、2000年12月16日に公開されたゴジラシリーズの第24作。20世紀最後のゴジラシリーズ。本作のゴジラは過去に3度日本を襲った怪獣と設定され、本作におけるゴジラは1954年の東京襲撃時に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東宝特撮予告編⑯

東宝特撮手持ち作品の予告編をNET上で探して並べてみた。第16弾。 ■ゴジラvsスペースゴジラ 「ゴジラvsスペースゴジラ」は1994年12月10日に公開されゴジラシリーズの第21作。登場する怪獣はゴジラ、リトルゴジラ、スペースゴジラ、MOGERA、フェアリーモスラ。他にモスラ(成虫)、バトラ、ビオランテが登場(映像は過去の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東宝特撮予告編⑮

東宝特撮手持ち作品の予告編をNET上で探して並べてみた。第15弾。 ■ゴジラVSモスラ 「ゴジラvsモスラ」は1992年に公開されたゴジラシリーズの第19作で、登場する怪獣は、ゴジラ、モスラ(幼虫、成虫)、バトラ(幼虫、成虫)。平成ゴジラシリーズで初めて自然破壊を題材に取り上げた作品で「環境破壊」と「家族愛」がテーマ。小美人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東宝特撮予告編⑭

東宝特撮手持ち作品の予告編をNET上で探して並べてみた。第14弾。 ■ゴジラ 「ゴジラ」は1984年(昭和59年)12月15日に公開されたゴジラシリーズの第16作。ゴジラ誕生30周年記念映画でもある。「メカゴジラの逆襲」以来9年ぶりに製作された本作は、「ゴジラvsデストロイア」まで続く新しいゴジラシリーズのスタート作品。次作…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東宝特撮予告編⑬

東宝特撮手持ち作品の予告編をNET上で探して並べてみた。第13弾。 ■エスパイ 「エスパイ」は、小松左京原作のSF小説を映画化したもので、1974年(昭和49年)12月28日公開された超能力者を主人公としたスパイ・アクションである。由美かおるファンの方は必見。 日本公開版「エスパイ」Trailer 海外版…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東宝特撮予告編⑫

東宝特撮手持ち作品の予告編をNET上で探して並べてみた。第12弾。 ■ゴジラ対メガロ 「ゴジラ対メガロ」は1973年(昭和48年)3月17日東宝チャンピオンまつりの一篇として公開された「ゴジラシリーズ」の第13作。ゴジラ、ジェットジャガー、メガロ、ガイガン、アンギラス、ラドンが登場。 前作に引き続き、ゴジラは「怪獣島」を棲み…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東宝特撮予告編⑪

東宝特撮手持ち作品の予告編をNET上で探して並べてみた。第11弾。 ■決戦! 南海の大怪獣 「決戦! 南海の大怪獣」は1970年(昭和45年)8月1日に夏休み東宝チャンピオンまつりの1本として公開され、同年1月に円谷英二特技監督が亡くなってから初めての特撮作品で、弟子だった有川貞昌がメガホンを取った。(ゴジラは出演していない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東宝特撮予告編⑩

東宝特撮手持ち作品の予告編をNET上で探して並べてみた。第10弾。 ■怪獣総進撃 「怪獣総進撃」は1968年(昭和43年)8月1日に封切り公開された「ゴジラシリーズ」の第9作。登場怪獣する怪獣は、ゴジラ、ミニラ、ラドン、モスラ(幼虫)、アンギラス、バラン、バラゴン、ゴロザウルス、マンダ、クモンガ、キングギドラの11体、特撮助…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東宝特撮予告編⑨

東宝特撮手持ち作品の予告編をNET上で探して並べてみた。第9弾。 ■ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘 「ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘」は1966年(昭和41年)12月17日に公開された「ゴジラシリーズ」の第7作。東宝は「キングコング対ゴジラ」(1962年)製作の際に米国RKO社から取得したキングコングの5年間分の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東宝特撮予告編⑧

東宝特撮手持ち作品の予告編をNET上で探して並べてみた。第8弾。 ■フランケンシュタイン対地底怪獣 「フランケンシュタイン対地底怪獣」は、東宝と米国ベネディクト・プロが製作し、1965年(昭和40年)8月8日に公開されたが、当初米国20世紀フォックス社が進めていた「キングコングとフランケンシュタイン博士の創造した巨大モンスタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東宝特撮予告編⑦

東宝特撮手持ち作品の予告編をNET上で探して並べてみた。第7弾。 ■モスラ対ゴジラ 「モスラ対ゴジラ」は1964年(昭和39年)4月29日に公開され、ゴジラシリーズの第4作だ。海外版は当初『GODZILLA VS. THE THING』 というタイトルで、ゴジラが名古屋に現れ名古屋城を破壊し、海へ向かうカットの後に、国連派遣…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東宝特撮予告編⑥

東宝特撮手持ち作品の予告編をNET上で探して並べてみた。第6弾。 ■キングコング対ゴジラ 「キングコング対ゴジラ」は1962年(昭和37年)8月11日に公開され、東宝創立30周年記念作品として送るゴジラシリーズの第3作だ。またこの作品は「怪獣同士の対決」という日本の怪獣映画の流れを決定付けた作品であり、日本映画の絶頂期だった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東宝特撮予告編⑤

東宝特撮手持ち作品の予告編をNET上で探して並べてみた。第5弾。 ■モスラ 「モスラ」は、1961年(昭和36年)7月30日に公開され日本初の「東宝スコープ」(ワイド・スクリーン)の怪獣映画である。東宝がゴジラ、ラドンに続く怪獣キャラクターとして注力した、製作費に2億円(当時)をかけた日米合作であり、ゴジラ、ラドンと並び「東…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東宝特撮予告編④

東宝特撮手持ち作品の予告編をNET上で探して並べてみた。第4弾。 ■宇宙大戦争 「宇宙大戦争」は「地球防衛軍」の姉妹篇として製作され、1959年12月26日に公開されている。なお、月面シーンは、1950年(昭和25年)に噴火した三原山の溶岩地帯で撮影され、重力の少ない月面での歩行演技は、土屋嘉男の発案によるものだという。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東宝特撮予告編③

東宝特撮手持ち作品の予告編をNET上で探して並べてみた。第3弾。 ■美女と液体人間 「美女と液体人間」は1958年(昭和33年)6月24日に公開され、英題は The H-Man。変身人間シリーズの1作であり「電送人間」や「ガス人間第一号」と同じく大人向けの作品として作られ、タイトル通り、女性の登場するシーンも多く、アダルトな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東宝特撮予告編②

東宝特撮手持ち作品の予告編をNET上で探して並べてみた。第2弾。 ■白夫人の妖恋 「白夫人の妖恋」は、1956年(昭和31年)6月22日に公開され、東宝とショウ・ブラザーズ共同制作の特撮伝奇映画で、日本初の総天然色による特撮映画であり、日本で最初にブルーバック撮影による合成を用いた作品でもある。 ■空の大怪獣ラドン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東宝特撮予告編①

東宝特撮手持ち作品の予告編をNET上で探して並べてみた。第1弾。 ■ゴジラ 東宝のプロデューサー田中友幸は、1953年(昭和28年)に「さらばラバウル」(本多猪四郎監督)を製作した折、前年に復帰したばかりの円谷英二と出会い、円谷が手掛けた特撮の成功もあって、「特撮物はいける」と実感していたという。ちょうどその頃、ビキニ環礁で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more