テーマ:東宝特撮ポスターめぐり

東宝特撮ポスターめぐり⑩

東宝特撮手持ち作品のポスターをNET上で探して並べてみた。第10弾。 ■地震列島 地震列島は1980年8月30日公開作品で、1970年代の東宝特撮におけるパニック映画(『日本沈没』、『ノストラダムスの大予言』など)の路線を継承し、かつ『大地震』や『ポセイドン・アドベンチャー』などのアメリカのパニック映画に見られる男女の恋愛を加味…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東宝特撮ポスターめぐり⑨

東宝特撮手持ち作品のポスターをNET上で探して並べてみた。第9弾。 ■ゴジラ×メカゴジラ 「ゴジラ×メカゴジラ」は、2002年12月14日に公開されたゴジラシリーズの第26作。「ゴジラ2000 ミレニアム」以降の作品に共通する、第1作以外のゴジラ映画とのストーリー上の関連が一切ないという形は変わらないが、本作はゴジラシリーズ以外…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

東宝特撮ポスターめぐり⑧

東宝特撮手持ち作品のポスターをNET上で探して並べてみた。第8弾。 ■ゴジラvsスペースゴジラ 「ゴジラvsスペースゴジラ」は1994年12月10日に公開されゴジラシリーズの第21作。登場する怪獣はゴジラ、リトルゴジラ、スペースゴジラ、MOGERA、フェアリーモスラ。他にモスラ(成虫)、バトラ、ビオランテが登場(映像は過去の作品…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東宝特撮ポスターめぐり⑦

東宝特撮手持ち作品のポスターをNET上で探して並べてみた。第7弾。 ■ゴジラVSビオランテ 「ゴジラvsビオランテ」は1989年12月16日に公開された日本映画で、ゴジラシリーズの第17作。シリーズ再開第1作「ゴジラ」(1984年)の直接続編で、原案を一般公募で募集した結果、「帰ってきたウルトラマン」第34話「許されざるいのち」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東宝特撮ポスターめぐり⑥

東宝特撮手持ち作品のポスターをNET上で探して並べてみた。第6弾。 ■ゴジラ対メカゴジラ 「ゴジラ対メカゴジラ」は1974年(昭和49年)3月21日に「東宝チャンピオンまつり」の一篇として公開された日本の特撮映画で、「ゴジラシリーズ」の第14作。翌1975年開催予定の沖縄国際海洋博覧会に絡め、沖縄本島を舞台に製作された。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東宝特撮ポスターめぐり⑤

東宝特撮手持ち作品のポスターをNET上で探して並べてみた。第5弾。 ■決戦! 南海の大怪獣 「決戦! 南海の大怪獣」は1970年(昭和45年)8月1日に夏休み東宝チャンピオンまつりの1本として公開され、同年1月に円谷英二特技監督が亡くなってから初めての特撮作品で、弟子だった有川貞昌がメガホンを取った。 ■ゴジラ対ヘドラ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東宝特撮ポスターめぐり④

東宝特撮手持ち作品のポスターをNET上で探して並べてみた。第4弾。 キンギコングの逆襲 「キングコングの逆襲」は、1967年(昭和42年)7月22日に公開され、東宝とランキン・バス・プロにて製作された東宝の創立35周年記念作品。東宝のキングコングの使用権は5年契約であったため、契約終了前にキングコングをもう1本撮ろうと製作が進め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東宝特撮ポスターめぐり③

東宝特撮手持ち作品のポスターをNET上で探して並べてみた。第3弾。 三大怪獣 地球最大の決戦 「三大怪獣 地球最大の決戦」は1964年(昭和39年)12月20日に公開され、「ゴジラシリーズ」の第5作目。この年ゴジラ映画は二本制作された唯一の年となり、シリーズ最大の悪役とされているキングギドラが誕生した作品である。タイトルの「三大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東宝特撮ポスターめぐり②

東宝特撮手持ち作品のポスターをNET上で探して並べてみた。第2弾。 電送人間 「電送人間」は、1960年(昭和35年)4月10日に公開された特撮スリラー映画で、俗に言う変身人間シリーズの第2作である。主演の鶴田浩二は、福田監督が助監督時代からの親友であり、彼の監督昇進祝いのつもりで出演したという。 ガス人間第1号 「ガス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東宝特撮ポスターめぐり①

東宝特撮手持ち作品のポスターをNET上で探して並べてみた。第1弾。 ゴジラ 東宝のプロデューサー田中友幸は、1953年(昭和28年)に「さらばラバウル」(本多猪四郎監督)を製作した折、前年に復帰したばかりの円谷英二と出会い、円谷が手掛けた特撮の成功もあって、「特撮物はいける」と実感していたという。ちょうどその頃、ビキニ環礁での核…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more